フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« Street Of Dreams(瑠璃廠にて) | トップページ | High Hopes(ビール飲みたい) »

Disappear(タイで溺れる中国人)

 
 
 (抜粋)タイでは最近、外国人観光客が海で溺れる事故が多発している。タイ観光スポーツ省によると、今年1月1日から6月6日までにタイの海で溺れた外国人は366人に上り、うち163人が死亡している。国籍別では中国が最多の73人。以下、ロシア51人、英国31人、インド26人、ドイツ24人と続いているそうだ。
 
 
 
相変わらず日本旅行がブームの中国だが、東南アジアのタイも人気の目的地で、多くの中国人観光客が訪れ、怒号と喧騒とゴミと痰をまき散らしてヒンシュクを買っている。
 
私も、バンコクやチェンマイ、プーケットなどで中国人団体客の大群を見かけたが、とにかく騒々しかった。
 
 
 
 
 
199_2  
 
 
 
 
そんなタイでもとりわけ中国人に大人気なのが、アンダマン海の真珠プーケット。
 
中国とは違い、空も海も青い。
 
そりゃ、中国人に人気が出るよね。 
 
 
 
 
198_2
 
 
 
 
そんなプーケットのビーチで観光用のボートに乗り込む偉大なる中国人団体客。
 
写真では音まで伝わらないのが残念だが、とにかくうるさい。
 
数十メートル離れていても、甲高い中国語の爆音が響いてくる。
 
あんなにでかい声で話さなくても、十分聞こえるはずだが、中国人はみんな難聴なんか?
 
まあ、あの中国人が、海外に出たからといって途端に静かになるはずもないが。 
 
 
 
 
197_2
 
 
 
 
しかし、きれいな海も危険が一杯である。
 
人間様も、大自然の前では無力である。
 
中国人も好き好んで溺れる訳ではないだろうが、わざわざプーケットまで来て中国人が溺れるのは、二つの原因があるような気がする。
 
一つは、一般的に中国人は泳ぐのが得意ではないという能力的な原因である。
 
日本では、小学校から必ず水泳の授業があり、全く泳げないという人はそう多くはないだろう。
 
最近は、学校で着衣水泳を教えているらしく、水の危険を身をもって理解している人も多いだろう。
 
しかし、中国では、プールのある学校はまだまだ少ない。
 
また、川や海は、汚くてとても泳げたものではない。
 
泳ぎを覚える前に病気になって死にそうだしな。
 
私の知り合いの中国人にも、泳げる人はほとんどいない。
 
日本には学校にプールがあり、体育の授業で水泳を習うから、ほとんどの人が泳げるよ、と言ったら、結構驚かれたものだ。
 
泳げないのに、無理に泳ごうとすればそりゃ溺れるわな。
 
そして、もう一つは、外国人を見下すという中国人の思想的な原因である。
 
中華思想の持ち主である中国人にとって、外国人は、東夷西戎南蛮北狄のケモノである。
 
その中でも東南アジアには遅れた国というイメージがあり、東南アジアの人々をものすごく見下している。
 
プーケットの海を一番良く知るのは、地元のガイドや案内人である。
 
彼らの言うことに大人しく従えば、危険な目に遭うことはそんなにないはずだが、偉大なる中国人様が貧しくて遅れた国の「蛮族」のアドバイスなど聞き入れるはずもない。
 
果たして、ろくに泳げもしないのに、異国の海で無理に泳ごうとし、紺碧のアンダマン海でドザエモンが大量発生してしまう。
 
もちろん、自業自得とはいえ、亡くなった本人が一番気の毒だが、地元のタイ人にしてもはた迷惑な話である。
 
私も、タイで何回か泳いだが、どこで泳ぐのが安全か地元の人に聞いた上で、決して無理はしなかった。
 
南国の海で泳ぐのは非常に気分のいいものだが、ドザエモンになるのは嫌だからね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dream Theater - Disappear 
 

« Street Of Dreams(瑠璃廠にて) | トップページ | High Hopes(ビール飲みたい) »

タイ南部の旅2013」カテゴリの記事

プーケット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人間は水深10㎝(3㎝の説もある)で溺死するモンだと知っておかないと危険なんですけどねぇ。
彼らはライフジャケットを勝手に脱いじゃうだろうし、教育の大切さが身に沁みます。
私めなんぞ中学のプールに初めて入ったら足が底につかなくて焦ったし、臨海学校の遠泳で波にもまれて泳ぐ大変さや疲労感(浜に上がって倒れるヤツもいた)をガッチリ体験しましたし…。

彼の国の市民プールなんぞ入ったら一発でビョーキになります。間違いなく。

fuyong37さん
 
水の中に入ると、体温が落ちて、体力が急激に奪われる、水を飲み込むと死ぬほど苦しいなんて、自分で経験しないと分かりませんからねえ。プーケットの白い砂浜と青い海を見ていると、私でもテンションが上りました。泳ぎたくなる気持ちはよく分かりますが、波打ち際でジャブジャブしているくらいが賢明でしょう。
 
中国で温泉に行ったことは何回かありますが、プールは厳しいですね。たぶん、掃除なんかろくにしないだろうし、得体の知れない何かが浮遊してそうで怖いです。

私は天津市内を流れるきったない川で泳いでいる(浸かっている) じじい連中を見た事がありますが、決して顔は水面に触れないようにしていました。(笑)
あんなきれいな水面を見たらあの国の連中はテンション上がっちゃって、なりふり構わずになっちゃうんでしょうかね。

私は息継ぎがへたくそで中学校でも25Mしか泳げなくて、なんとか克服しようと逆に潜水で25M泳げるようになってしまいました。(爆)

わんばぁだんさん

中国の人口が13億人だとして、25メートル泳げる人は5000万人くらいですかね? いや、もっと少ないかも。10分の1以下の人口しかいない日本の方が、泳げる人は多いでしょうね。今の天津の川は、例の花火大会の影響で汚染度が更にパワーアップしてそうですね。

毛沢東は自身の健在ぶりを内外にアピールするために長江や黄河で泳ぐプロパガンダ写真を出していましたが、今にして思うとあれは影武者か合成だったのかも。独裁者があんな汚い川で泳ぎますかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457984/71001744

この記事へのトラックバック一覧です: Disappear(タイで溺れる中国人):

« Street Of Dreams(瑠璃廠にて) | トップページ | High Hopes(ビール飲みたい) »