フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

本物のリラックマ

昨日、ブログを更新しようとして、結構気合を入れて長文を書いたのだが、いざ保存しようとしたところで、サーバーのエラーが生じ、データが全て消えてしまった。

 
ぐああ、死ねココログ!
 
例によってろくでもないことしか書いていないが、同じ記事をもう一度書く気力はない。
 
デジタルはこれだからなあ。
 
梅田で見かけたリラックマのイベントの写真でも貼って、お茶を濁しておこう。
 
 
 
 
Dscn0310_2
 
 
 
 
阪急三番街を通ったら、偶然着ぐるみが出てくる場面に出くわしたが、おなじみの3匹が登場すると、現場にいた女の子だけでなく、結構なお年のおばちゃんまで、文字通り黄色い歓声を上げて大喜びしていた。
 
女の人って、ゆるキャラが好きなんだねえ。
 
たしかに、可愛いけど、私はおっさんだから、あそこまでテンションは上がらんなあ。
 
中国人観光客も嬉しそうに記念写真を撮っていた。 
 
今年行った上海でもリラックマのニセモノはよく見かけたが、やっぱり本物の方がいいんだろうね。
 
素人目に見ても、本物と中国製のニセモノじゃ、細かい作りが全然違うからね。 
 
ちなみに、写真は撮っていないが、上海で見かけたリラックマはピンク色で、コリラックマは赤、キイロイトリはなぜか黄色のままだった。
 
一体、どんなセンスしてるんだろ?
 
中国人の考えていることはよく分からん。
 
 

14 Years(禁酒生活2週間)

最近少し飲みすぎたかなと自覚し、禁酒を始めてから2週間が経過した。

 
禁酒3日目くらいまでは、風呂から上がって寝るまでの間は、酒が飲みたくて仕方なかったが、1週間を過ぎると何とか我慢できるようになり、2週間が経つと飲みたいと思わなくなった。
 
体重は2キロ弱減り、体調も良好である。
 
酒を飲んだ翌朝の、「あ゛~、だり~、マジでだり~、もうほんま酒やめよ…」という倦怠感はなく、夜もぐっすり熟睡できる。
 
酒を飲むと、二日酔いにはならなくても、午前中の仕事が辛い時がほぼ毎日あったが、あのだるさが全くない。
 
夜中にトイレに行くこともなくなり、余計な物を食べないので、朝ごはんがおいしい。 
 
酒を控えると分かるが、やはり飲酒は体に負担がかかるんだね。
 
とはいえ、酒をやめるつもりなど全くない。
 
とくに旅先で解放感を味わいながら飲む酒って、生きてて良かったと思えるほどうまいからね。
 
あの楽しみを放棄するのは、あまりにももったいない。
 
今月は、29日に飲む予定があるので、とりあえずその日までは控えようとは思う。
 
その後も、できればもう少し禁酒を続けようかな。
 
飲みだすと、ついつい毎日飲んじゃうからなあ。
 
仕事のストレスを酒で発散するようになると、アル中になる可能性が高そうだから、気を付けないと。
 
でも、分かっちゃいるけどやめられないのよねえ…。
 
お酒はおいしいけど、体を壊すと元も子もない。
 
みなさんもご注意を!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Guns N' Roses - 14 Years  
 
 

上海華晶賓館

3月に上海で泊まったホテルを紹介しておきます。 

上海華晶賓館(上海华晶宾馆)という名前で、住所は、上海市杨浦区长阳路1691号、地下鉄12号線の寧国路駅(宁国路)2番出口から歩いて5分ほどの所にある。
 
中国の予約サイトでは、概ね1泊300元程度なので、物価の高い上海では中級ホテルなのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
上海市北東部の下町だが、外灘まで約6キロ、人民広場まで約7キロ、地下鉄で15分ほどの距離にある。
 
浦東空港からは地下鉄を2回乗り換えて、1時間半弱かかった記憶があるが、まずまず便利なロケーションといえるかな。
 
そんなホテルの外観はこんな感じ。
 
 
 
Dscn0156
 
 
 
百度百科によると、一応、准四つ星ということだが、何となく垢抜けない古ぼけた建物である。
 
 
 
Dscn0173  
 
 
 
ロビーはこんな感じ。
 
 
 
Dscn0174  
 
 
 
ホテルの1階にはファミマが入っている。
 
 
 
Dscn0158  
 
 
 
大通りを挟んで向かいには、欧尚という巨大なスーパーがある。
 
 
 
Dscn0049
 
 
 
品揃えも豊富だし、安いので、上海滞在中は何度も通った。
 
 
 
Dscn0045
 
 
 
部屋はそれなりだが、 
 
 
 
Dscn0046  
 
 
 
必要なものは全部揃っており、冷蔵庫があるのがありがたい。
 
 
 
Dscn0047  
 
 
 
毎日水を置いてくれるし、
 
 
 
Dscn0048  
 
 
 
バス・トイレも古臭いが、一応きちんと掃除はされており、別に不満はない。
 
このホテルは、HISや阪急交通社の上海格安ツアーを利用するとかなりの確率で手配されるようで、服務員も日本人の応対には慣れている。
 
日本語は通じないけどね。
 
トリップアドバイザーのレビューを見ると、寝るだけなら十分という感想が多いが、まさにその通りで、安宿や旅社でも平気な私には快適なホテルだった。
 
レビューには、
 
Wi-Fi完備と書いてあって、確かにWi-Fiには接続できたけど、一度もネットを開けないくらいの速度だった。速度ってか、インターネット検索は勿論の事、LINE、Facebook、ショートメールメッセージすら出来ない状態。
 
なんて書いてあるが、GoogleやLINEなどが使えないのはこのホテルのせいではなく、中国はどこでも共通なんだから、中国に来る前に少しくらい調べてこいよ。
 
てゆーか、今の時代、そんなことすら知らずによく海外に行こうなんて気になるものだ。
 
私は、8階の部屋に泊まったが、Wi-Fiは何の問題もなくサクサク通じたよ。
 
否定的なレビューを書いている人もいるけど、たぶん、自分がいたのが偉大なる中華人民共和国だということを全く理解していないのだろう。
 
格安ツアーで使う中級ホテルに日本と同じサービスやクオリティを求めるのが土台無理というもの。
 
旅先でも日本と同じような待遇を受けたいのなら、外資系の超高級ホテルにでも泊まりましょう。
 
ちなみに、バイキングの朝食は、お世辞にもおいしいとはいえないが、タダだし、野菜や果物が食べられるので、ありがたくいただいたよ。
 
 
 
Dscn0068  
 
 
 
朝食の際、周囲から聞こえてきたのはほとんどが日本語で、宿泊客は日本人がメインのようだ。
 
20代くらいの若者が、グループやカップルで上海ディズニーに遊びに行くみたいだった。 
 
ホテルの前の通りを東に5分ほど歩くと、小さな市場があるし、周辺には地元民向けの飲食店も結構ある。
 
小ぎれいな格好をして、スーツケースを転がしてインスタのネタを探しに行くようなスイーツ()お上品なお方はやめた方が無難だが、ある程度旅慣れている人なら、何の問題もなく快適に過ごせるいいホテルだと思う。
 
機会があれば、また泊まってみたいね。 
 
なお、日本から予約し、料金は決済済みでも、保証金として200元または日本円で3000円を要求されるので、宿泊を予定している人は注意して欲しい。
 
押金(保証金)の制度は、人間不信の中国では当たり前なんだが、通常は宿泊代金と同額か2倍程度を要求される。
 
やっぱり、ホテルの備品は何でもかんでも持ち帰り、日本では便座を持ち帰ろうとしてニュースにもなった某巨大独裁国家の人民とは異なり、日本人には信用があるんだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

High Hopes(ビール飲みたい)

中国で一番良く飲んだであろう 大理啤酒(大理ビール)。

 
 
 
 
102
 
 
 
 
日本からわざわざ持って行ったプレモルのグラスに注いでも、プレモルの味がするはずはなく、しっかり大理ビールの味だった。
 
中国でよくあるスカスカのライトビールで、アルコール度数は3%ほど。
 
まあ、水みたいなもんだな。
 
私は、エビスビールやプレモルのようなずっしりとした味わいの濃いビールが好きだが、中国で飲む分にはスカスカの中国ビールがなぜかおいしい。
 
大理ビールは、大理のシンボルである蒼山という4000m級の山の雪解け水を使っているためか、嫌な雑味がない。
 
雲南に行く機会のある人は、一度飲んでみて欲しい。
 
 
 
 
112  
 
 
 
 
何回も買いに行くのが面倒なので、近くのスーパーでケース買い。
 
たしか、1本2.6元くらい。
 
物価の高い上海でも、スーパーならビール1本3元もしないので、今でもそんなに値段は変わっていないはず。
 
最近蒸し暑いし、あ~、涼しい大理で大理ビール飲みたいのう。
 
私、日本ではビールはそんなに飲まない。
 
日本のビールはおいしいけど、カロリー高いし、コスパ悪いからね。
 
タバコの煙が嫌いで、外に飲みに行くこともほとんどないので、家で焼酎をちびちび飲むことが多い。
 
でも、買い置きの焼酎が無くなったのをきっかけに、少し酒を抜こうと思い、今日で禁酒4日目。
 
元々酒量が多い方ではないが、毎日飲むとどうしても少しずつ量が増えていき、翌朝が辛いことが多くなった。
 
若干体重が増えてきたこともあって、しばらく我慢することにした。
 
とりあえず、2キロくらい体重が減ればそれでいいんだが、風呂上がりにはやっぱり飲みたくなるなあ。 
 
飲まないと、2,3ヶ月飲まないこともあるが、まだその境地には至っていない。
 
あ~、ビール飲みたい~!
 
 
 
 
 
 
 
 
Pink Floyd - High Hopes
 
 
 

« 2017年6月 | トップページ