フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

中国的なもの

Wheel in the Sky(中国的登山用品)

中国のとあるスーパーで見かけたお茶用のコップ。




624_1024



 
10.9元というビミョーな価格設定なんだが、10元なら10元、11元なら11元で何か不都合でもあるんだろうか?

私も、この手のコップをいくつか持っているが、フタの内側にあるパッキンが甘くて、お茶がこぼれるので、持ち運びには適さない(昔に比べればマシにはなったが、中国製品は、よろず精度が悪い。こういういい加減なところがやっぱり中国製なんだな)。バスの運ちゃんなんかが使っているのを時折目にするが、最近は、中国人も水や砂糖入りの激マズ烏龍茶のようなペットボトル飲料を好むので、 以前ほどは見かけなくなってきたような気がする。


と、珍しくも何ともない物だが、個人的に激しく心を揺さぶられたので、ついつい買ってしまった。それは、




631_1024


 

なぜかフタの上に方位磁石が装備されているからだ。しかも、なぜか鬼のキャラクターが。何でこんな物に方位磁石が付いているのか全く理解できないのだが、中国人に聞いてみると、


「ん? そりゃ、山登りでもする時に便利だからじゃないの?」


と気の抜けた返事が帰ってきた。山登りに使うなら、水筒も方位磁石も、もっとまともな物を使うはずだが、日中友好の大局的見地をかんがみ、余計なひと言は口にせず、黙っておいた。

中国では、何を考えてこんな物を作ったのか!? と責任者を呼んできて問い詰めたくなるヘンテコグッズを見かけることがある(ま、たぶん何も考えていないんだろうけど)。中国のそんな理解不能な部分に魅力を感じてしまう私は、やはり相当変わっているんだろうな。


で、このコップ、買ったはいいが、ほとんど使っていません。一体何のためにこんな物を買ったんだろうな、俺?






 


Journey-Wheel in the Sky

 



We're an American Band(中国的李維斯501)

ますます発展し続ける中国の街角で見かけたリーバイス501のTシャツ。

 

119_1024

 

15元か、やたら安いな(パチもんだから、当然なんだけど…)

これまで何度となく書いてきたけど、中国人は、アメリカが大嫌いである。4000年の輝かしい歴史を誇る偉大なる中華民族にとって、200年そこらの新参者国家のくせに世界一の軍事力を誇り、誰もが認める中国固有の領土である台湾(そう思っているのは、世界で中国人と江の傭兵みたいな狂信的中国万歳土下座人間だけなんだけど…)の統一を妨害しやがるアメリカは、目障りで仕方がないだろうな。まさに目の上のタンコブ。

フィリピンから米軍が撤退するやいなや、南シナ海で好き放題やり始めて、スプラトリー諸島やパラセル諸島を我が物顔で占領し始めるんだから、何とも分かりやすい国ではあるな。もし、沖縄から米軍基地がなくなれば、尖閣諸島はおろか沖縄本島も速攻で中国様に「解放」されてしまうだろうが、友愛とか東アジア共同体とか理解不能なことを口にする基地外政治屋が総理大臣になってしまうんだから、まったく困ったものだ。

選挙の際は、よく考えて投票しましょう。間違っても、学会員に頼まれたからといって、「地獄に堕ちる」というセリフが大好きな人たちが集まっている、半島発祥のカルト宗教公明党に投票したり、2京%インチキの嘘つきマニフェストに騙されて反日基地外政党に投票してはいけません。ま、もちろん、どこに入れるかは、有権者の自由だけどね(オレ様は、カルト宗教や反日政党、「社民党」とかいう名前の朝鮮労働党には死んでも投票せんが)。

そんなことはどうでもいいんだが、アメリカ嫌いの中国人も、ネズミーやナイキ、NBAなんかのアメリカ文化は大好き。政治と文化は別ってところも、いかにも中国人らしい。その割には、野球やアメフトは全く普及しないが。で、昔々、でぶ専のモーホー映画評論家水野晴郎先生がCMをやっていたリーバイスって、中国語で李维斯(Liweisi)って書くんだな。この漢字にさして意味があるようには思えんので、純粋な音訳なのかな?

 

 

 

Grand Funk Railroad - We're an American Band

 

 

Lights Out(不思議な風景)

大理古城に突然登場した悪趣味なアーチ型の大型照明設備。

 

107_1024

 

大理古城の北東部に位置する貯水池をぶっ壊して、「希夷之大理」なる見世物を上演するために専用の劇場を作ったのだが、夜になると古城中に轟音が響き渡り、うるさくてかなわん。私は、この劇場からかなり離れた場所に滞在していたが、それでも轟音が伝わってくるのだから、毎日この騒音を聞かされる近隣住民にしてみれば、たまったものではないだろう(ちなみに、中国名物ピンク色の置屋が並んでいるのも、この劇場のすぐ近くである。何軒かある店を冷やかしで覗いてみたら、どう見ても十代としか思えないおねえちゃんが、気だるそうにタバコをふかしていたなんて、大きな声では言えないが…)

当然のことながら、地元民は見に行かず、観客のほとんどは、裕福な沿岸部から来た中国人の団体客である。運営するのも、外地の漢族で、地元民は騒音と光害をまき散らされるだけで、いいことなど何もない。ま、中国ではよくある話ではある。あと数年もすりゃ、中国のバブル崩壊と共に誰も見に来なくなり、廃墟になるのがオチだろうけど。

この見世物を演出しているのは、あの陳凱歌だそうだ。文革時代に雲南に下放され、雲南には人一倍思い入れがある、とNHK中国語講座のインタビューで語っていたが、その雲南の環境破壊の片棒を担いでも、良心は痛まないのかな? ま、陳凱歌は、アメリカ国籍を取得して、今は「中国人」ではないらしいので、カネさえ儲かれば、雲南の山奥など、後は野となれ山となれなのかもしれないが。

貯水池の土手に登ると、大きな麻の草も景気良く生えていたが、古城の向こうに三塔や蒼山が見渡せる、景色のいい場所だったので、私もよく散歩に来たが、劇場の周囲は柵で囲まれ、中に入れなくなった。余計なことをするんじゃねえよ、まったく。

異様な光景だが、中国では普通の光景である。それが、中国という国。

 

Shapes Of Things(今の逸品)

中国的日夜巻髪球

 

115_1024

 

スポソヅ カーラー

寝ていゐ間に

くゐくゐカール完成! 

 

だそうだ。

このカーラーを作った中国人は、2ちゃんねらーで時代劇ファンなんだろうか?

しかし、この国の奴らは、どうしてこう変な日本語を使いたがるんだろうな? 反日のくせに。

 

続いて、昆明駅の近くの売店で買ったまずいパン。

 

116_1024

 

味之美

の優んでいうる

新しい美味

 

だそうだ。言わんとしていることは、何となく分かるな。その割にはまずかったけど。 

 

>

好侍百夢多カレー

大理の新市街下関にあるウォルマート

 

236_1024

 

ムダに広い店内には、モノがあふれ、買い物客でにぎわっている。値段も安く、商品の品質も中国にしてはまともである。そこらへんの屋台や市場みたいに、ガイジンやヨソ者にインチキ製品を法外な値段で売りつけたりしないので、まあ安心して買い物ができる。それでも、よく見たら、中国名物偽ミッキーサンダルなんかを売ってたけど…。

 

そのウォルマートで見つけた、好侍百夢多カレー

 

238_1024  

 

さすがに日系のメーカーが作っているだけあって、ハワ又バー毛ソトカしーのように、アヴァンギャルドな日本語表記はない。外観もまともだし、味も日本で売っているものとほとんど変わらなかった。値段は、たしか5元ほど。中国の物価を考えると、若干高いかなという気もする。 

甘ったるい日式カレーが、年がら年中トウガラシで真っ赤になっている料理を食べている雲南人の口に合うかどうか若干不安だったが、案外好評だった。私が日本に帰ってからも、自分たちでルーを買ってきてカレーを作ることもあるらしいので、彼らの食文化に受け入れられる素地はあるんだろう。

 

Got to give it up(幻のパイナップルビール)

雲南省の鶴慶は、「名蘭之郷」として知られている。 

 

http://www.baidu.com/s?bs=%BA%D7%C7%EC&f=8&wd=%C3%FB%C0%BC%D6%AE%CF%E7

 

その田舎町鶴慶のスーパーで、パイナップルビールを見つけた。前から一度飲んでみたかったので、ものは試しと1本買ってみた。値段は忘れたが、ワゴンセールで投げ売りしていたので、安かったような記憶がある。

 

220_1024

 

冷蔵庫でしっかり冷やした後、期待に胸をふくらませて、栓を開けてみた。

 

じゃ~ん。

 

222_1024  

 

う~む、何と言うか…。

色は一応ビールなのだが、泡が立たない。ほのかにパイナップルの香りもする。

どきどきしながら、一口飲んでみたが、

 

うっ、まずい… 

 

〇| ̄|_ 

 

私は、根が貧乏性なので、少々まずいものでも我慢できるが、シャレにならんくらいまずい。ビールとは似ても似つかんシロモノである。一体どこのどいつだ、こんなまずいものを発明したのは!?

ご飯つぶを残すと目がつぶれると教えられ、食べ物を粗末にすると容赦なくクソ親父の鉄拳が飛んでくる家で育った私は、まずいものでも残すことはできない。あふれ出そうになる涙を必死でこらえながら、最後まで飲み干した。あれだけまずい液体を我慢して飲んだのは、後にも先にも、このパイナップルビールだけである。

まずい以外に適当な言葉が思いつかないので、あのまずさを正確に伝えるのは困難なのだが、腐りかけのパイナップルジュースに消毒用アルコールを加えたらあんな味になるのだろう。ワゴンセールで投げ売りしていた時点で、味は推して知るべしだったのだろうが、もう2度とパイナップルビールに手を出すことはないだろう。

今は亡き中島らもは、まずいものを食べるのが趣味だったらしいが、まずいもの愛好家の方は、ぜひ一度、パイナップルビールにチャレンジして欲しい。

 

女僕日子

成都に行ったのは一度だけだが、まだデジカメを持っていなかったので、成都の写真はない。今にして思えば、成都もネタの宝庫だったので、若干もったいないことをしたような気もする。

成都には美女が多いという噂の真偽はともかく、食べ物が辛すぎるのと、蒸し暑いのを除けば、中国の都会では結構好きな町である。下町の茶館で人民がのんびりと語らっている様子は、傍から見ていてなかなかほほえましい。

その成都に、Maid Days なるメイドカフェがあるのは、このブログでも何度か書いてきたと思うのだが、ようつべにこんな動画がころがっていた。

 

 

 

映像で見る限り、なかなか可愛い女の子が揃っているんじゃなかろうか。サービスのレベルはまだまだといったところだが、日本のメイドカフェと比べるのはちょっと酷かな。

Maid Days に関しては、昆明在住の雲南太郎さんが、ブログで詳細な体験記を書いておられる。

 

http://pilgrimagejournal.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_228c.html

 

私も、メイド評論家という立場から、雲南太郎さんを激励しておいた。私が成都に行ったときは、メイドカフェなんぞなかったが、男子たるもの一生に一度は「ゴスズンサマ」になってみるべきかな。

 

 

붕어빵(雲南のウリナラスイーツ)

以前にも、たい焼が「韓国特色 小魚餅」として売られているという記事を書いたが、これは、別の店の写真。

 

Yunnan20080193  

 

ご丁寧なことに、地球上のあらゆる言語の音声を正確に表現できると、どこかの某半島の人だけが勝手に勘違いしている偉大なる文字ハングルで、

붕어빵(ブンオパン) 

と書かれている。

まったく、たい焼までウリナラ起源にされてはたまらんわい。上海蛮パク、いや、万博では、大阪のたこ焼き屋が出店しているらしいけど、たい焼き屋も、日本の食文化を正しく伝えるために出店した方が良かったんじゃないの?

 

カレー味かしるい

大理で知り合った香港人が、「一度、日式カレーライスを食べてみたい」というので、ハウス食品が上海で現地生産しているルーを使って、キーマカレーを作ってやった。そのお礼というわけではないだろうが、私が大理を離れるときにこんな物をくれた。

 

039_1024

 

列車の中なんかで中国人がよく食べている干し牛肉だが、何やねん、「かしるい」って!? 

この「かしるい」という名の干し牛肉、食べるとアゴがやたら疲れるし、中国風の味だけど、結構うまい。ちなみに、その香港人、いい奴だったし、大陸人と違って立ち居振る舞いも洗練されていたけど、大陸人のいないところでは、大陸の料理は下水道油を使っているとか、野菜は農薬漬けとか、大陸人は野蛮だとか、大陸の連中は共産党に洗脳されているとか、本当のこと、いや、無茶苦茶言うてましたで。

一国二制度マンセー!

ってこってすな。

 

 

 

純正なふうみ

純正なふうみ 八角粉

 

217_1024  

 

中国のスーパーをのぞいてみると、ヘンテコな日本語が書かれた食料品をよく見かける。とくに多いのが、お菓子類だが、調味料系も結構ヤバい。現地人に聞いても、なぜ中国の食品には変な日本語が氾濫しているのか、よく分からんらしい。

おそらく、何か不祥事があった場合に、日本に責任転嫁をするためではなく、外国の見慣れない文字が並んでいると、カッコいいのだろう。まあ、日本の食料品や衣料品その他の製品にも、変な英語が氾濫しているのと似たような感覚なんだろうな。 

細かいことを言って申し訳ないが、「角」は、簡体字では真ん中のたて棒が下に突き出ているはずだが、「純正なふうみ 八角粉」の「角」は日本の漢字風である。芸が細かいところは日本風だな。

中国人でも、日常生活でこんなことを気にする奴はいないだろうけど、小学語文のテストでこんな漢字を使ったら、×をつけられるんじゃないのかな?

 

 

より以前の記事一覧