フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

食在中国

Call of the Wild (雲南の食材)

更新が滞って申し訳ありません。土井たか子や香港の話でも書こうかと思ったものの、今ひとつ更新意欲が湧かなくて。また気が向いたら、ちんたら更新していきます。


さて、久々に旅の写真でも出しますか。


雲南省大理の新市街にある大きな市場でこんな物を売っていた。



529_1024



写真ではよく分からないかもしれないが、生きた昆虫である。飼育や観察用の昆虫ではなく、食用である。内陸部の雲南では、食虫文化があると聞いたことがあるが、どうやって食うんだろうな? 私は、好き嫌いがなく、基本的に何でも口にするが、虫はちょっと厳しいかな。蜂の子くらいなら食えそうだが、自ら好き好んで食おうとは思わんな。



544_1024



ってことで、巨大な蜂の巣も売っていて、親指くらいの太さの蜂の子がウネウネとうごめいていた。日本でも長野あたりじゃ昆虫や蜂の子を食べるらしいが、お世辞にもうまそうには見えんな。



530_1024

 

青い民族衣装を着たペー族のババアおばさまが売る巨大な魚は、大理のシンボルである洱海で捕れた鯉か草魚の仲間だろうか。雲南で魚というと、やはり淡水魚なのだが、海鮮を食べ慣れた日本人には、青臭くて小骨が多く、あまりおいしくない。自ら進んで淡水魚を食べることはないが、現地人と食事に行くと、かなりの確率で魚料理を注文しやがる。これをうまいと感じるようになると、立派な中国人なんだろうな。



531_1024



ウロコを取り、頭と胴体をぶった切っただけで売るのが雲南の流儀らしい。う~ん、まずそう。ちなみに、大理は、砂鍋魚という淡水魚の寄せ鍋が名物料理なのだが、あまりうまくないので、いつも砂鍋豆腐(豆腐の寄せ鍋)を注文している。安いし、農薬たっぷりの新鮮な野菜が摂れるので、砂鍋豆腐をアテに大理ビールや白酒を飲むことが多い。


大理は、観光地の旧市街と新市街がバスで30分ほどの距離にあるため、新市街には観光客は来ない。この市場も、100%地元民御用達なので、観光地化されていない現地人の食生活を垣間見ることができる。どこの国でも、市場には地元民の飾らない生活があるし、安くておいしい食堂がある。市場を歩くのは楽しいよ。

まあ、中国の場合、鳥インフルとかSARSなんかの感染症の危険があるので、生きたままの家禽やケダモノを売っている場所には近寄らない方がいいけどね。









Deep Purple - Call of the Wild



Dealer(雲南の広東料理)

大理古城のはずれに突如出現した広東料理のレストラン。


638_1024


 

屋号の「粤来悦好」は、「越来越好」(ますます良くなった)と同音で、いかにも中国人が好きそうな言葉遊びになっている。「越来越好」は、中国の民謡らしく、江の傭兵の親分である江沢民の二奶(日本語で言うところの愛人)として人民に広く知られている宋祖英なんかが歌っているようだ。



637_1024

 

店先には自家製のチャーシューやローストダックが吊るしてあり、落ち着いた雰囲気で静かに食事ができた。

 

636_1024

 

香港や深センでもよく食べたチャーシュー丼を注文したが、本場の味には及ばないものの、十分に及第点だった。値段もそんなに高くなく、また行くつもりだったが、1年足らずで閉店してしまったようだ。あっさりした広東料理は、激辛フード好きの雲南人の口には合わないのだろう。雲南に憧れて沿岸部から移り住んだ老板が経営していたみたいだが、現実はチャーシューのように甘くはないようで。







 

Deep Purple - Dealer


個人的にはかなり好きなアルバムなんだが、やはりリッチーのいないパープルだからか、早世してしまったトミー・ボーリンと共に過小評価されているような気がする。

Slang(田舎の外資系スーパー)

雲南省大理の新市街下関にあるウォルマートにて。


211_1024


ど田舎の人民の食生活にも洋風化の波が訪れているようだ。右側のハンバーガーは火腿蛋汉堡(ハムたまごバーガー)と表記してある。まあ、まずいだろう。でも、ウォルマートで売ってる普通のパンは、中国にしてはうまいよ。そんなに高くなかったし。


212_1024


3寸披萨饼(3インチピザ)と9寸披萨饼(9インチピザ)。トマトの輪切りはともかく、キュウリの輪切りを載せるのが雲南流なのか? まずそう。


213_1024  

   

泡椒鲳鱼。地元の洱海で採れた淡水魚かと思ったが、鲳鱼はマナガツオのようだ。南蛮漬けみたいなものだと思うが、死ぬほど辛そうなトッピングがライドオンしてるので食わない方が無難だな。


214_1024


手撕鸡。手で裂けるチキンってことか? この類の食い物は、あまりハズレはない。


215_1024


冷凍サンマかと思ったが、表示を確認すると带鱼と書いてある。たぶん、右側のタチウオみたいなのがそうだと思うんだが、雲南人にはサンマとタチウオの区別なんてつかないから没問題なんだろう。ってゆーか、サンマにしろタチウオにしろ、そんなもん火鍋に入れんなよ。


216_1024


炸鸡下腿。これも、それなりには食えそうだ。天下のウォルマートとはいえ、中国名物地溝油で香ばしく揚げてある危険性はあるが。


217_1024


雲南風のお惣菜。見るからに辛そうだが、悪食の私も、辛い物とゲテモノだけはダメなのでパス。


218_1024


のどがし よくりょう。変な日本語使うなっちゅうねん、反日のくせに。


219_1024


 

日式ねりわさび。范冰冰がキャラクターをしている商品もあるようだが、西南唐辛子文化圏の雲南人の味覚に合うんか?


同じ外資系のスーパーとはいえ、毛沢山先生のブログでよく紹介されている江南のスーパーとはビミョーに異なる食い物が並んでるようだ。変な日本語が氾濫しているのは同じだが。それだけ広い国だということなのだろう。上海あたりからだと、日本の方が近いからねえ。




 






Def Leppard - Slang


25 or 6 to 4(雲南のキノコ売り)

雲南省大理古城にある小さな農貿市場。


406_1024

   

大理で一番大きな市場は古城からバスで30分ほどの新市街にあるが、古城内にも何ヶ所かの農貿市場がある。ここは古城で最も賑やかな界隈である洋人街に近い市場で、午前中は周辺に住む農民が野菜や果物を売り、午後になるとキノコ市場になる。


404_1024


大理は、蒼山という4000m級の山のふもとにある町なので、町から30分も歩くと深い山の中に入る。午前中に山に入って採ってきたキノコを、午後に売りに来るわけだ。地元民曰く、大理のキノコも年々少なくなっているらしいが、やっぱり、後先考えずに乱獲するとそうなるよね。食用キノコが採れなくなったら、毒キノコやマジック・マッシュルームなんかを平気で売りそうな気がするけど。


405_1024  


おばちゃん、もうかりまっか?

農貿市場で果物なんかを買う時には、おばちゃんが天秤ばかりで重さを測ってくれることがあるんだが、何せこんなもの使ったことがないので、計量が正しいかどうかは分からない。まあ、ガイジン=カモネギがデフォの国だから絶対にごまかされているだろうな。

私が知る限り、古城内にはキノコ料理の専門店はなかったような気がするが、そのへんの食堂でも普通に出してくれる。沿岸部から来た中国人と話すと、雲南はキノコ料理が驚くほど安いらしいが、松茸ならともかく、キノコそれ自体にはそれほど食指は動かんなあ。もちろん、それなりには美味いけど、キノコなら日本でも結構食えるからな。

 

ついでに、同じく大理古城内のバス停風景。



407_1024



下手クソな字で殴り書きしてあるのは、携帯番号+「办证」。つまり、身分証や各種証明書等の偽造業者の電話番号である。具体的にはこういうことだな。中国国内どこでも見かける風景であるが、大理のような田舎町も例外ではない。素晴らしいよね、中国人の公徳心。









Chicago - 25 or 6 to 4

Another Piece Of Meat(雕梅扣肉)

久々の大理ネタということで、大理の名物料理一覧。

 
 
 
088_1024



それぞれどんな料理か解説したい気もするが、全てを食ったわけではないのと、面倒くさいのもあって、ご勘弁を。興味のある方は、適当に漢字を並べて検索するか、漢字を眺めてどんな料理なのか想像していただきたい。

オススメは、砂锅豆腐(豆腐の寄せ鍋)、雕梅扣肉(豚バラ肉の梅肉煮)、木瓜炒鸡(鶏肉のパパイヤ炒め)あたりかな。砂锅豆腐と木瓜炒鸡は、以前にも紹介したことがあると思うので、ブログ内検索で出てくると思います。雲南料理は、基本的に何でも辛い。現地人に言わせると、雲南料理は酸辣(酸っぱ辛い)とのことなので、湖南料理や四川料理ほど辛くないらしいが、辛いものが苦手な私には、西南地方の料理は、どれもこれも辛すぎて、味覚を通り越して痛覚しかない。ただ、カプサイシンを過剰摂取しても、中国様の属国キムチ半島と違い、比較的穏やかな人が多いのは、温暖な気候のおかげなのかな?

あと、大理は、洱海という大きな湖のほとりにある町なので、魚や貝を使った料理も多いが、中国の魚料理、とりわけ淡水魚料理は、基本的にマズいので、やめておいた方が無難かと。洱海の魚は、某先生がお住まいの无锡にある太湖の魚のように、重金属汚染でチョー激ヤバというわけではないので、安全面ではあまり問題はないが、海鮮を食べ慣れた日本人には、淡水魚は小骨が多いし、生臭いのよね。



109_1024



オススメ料理の1つ雕梅扣肉(豚バラ肉の梅肉煮)。豚の角煮は中国のどこでもあるが、大理は梅の産地なので、梅肉と煮込んである。梅の酸味がバラ肉の脂身のくどさを中和してくれて、なかなかうまいよ(それでも、くどい味だけど)。ビールよりは、白酒(パイチュー)に合う料理かな。







Scorpions ‐ Another piece Of Meat





Heartbreaker(雲南の大阪名物)

大理の新市街で見つけたたこ焼きの店。




474_1024



何なんだよ、「あつあつおでん」って!?

しかし、このおでんの垂れ幕、どこで買ってくるんだろうな?

しかも、ネットで拾ってきたんだろうけど、大阪に実在するたこ焼きの「わなか」の写真を勝手に使ってるし。


http://takoyaki-wanaka.com/

 

1皿5個で4元という高いのか安いのかよく分からん値段だったが、暑かったので、食ってません。まあ、間違いなくマズいだろう。

よろずデタラメで、何とも中国らしい風景だが、中国人のこういう図々しいたくましい ところって結構好きなんだなあ。

たぶん、彼のような末端の人民にとっては、今日や明日をどう生きるかが重要で、反日や尖閣諸島なんて超どーでもいいんだと思います。階層は違えど、人民の99%以上は、そんな感じだろうな。暴動に参加しているサル以下のゴミも、共産党のプロパガンダに踊らされているだけで、その実、な~んも考えてません(オラ昔は偉かったんだぞ!とエバッてたら、何だかよく分からない間に死刑になってしまう阿Qそのものだな)。自己中の中国人に愛国心なんてありません。

反日暴動で腹が立っている人が多いでしょうが、私は、中国は元々あんな国だと思っていたので、あんまり腹は立ちません。別に驚きもしなかった。もちろん、被害に遭われた方には同情するし、日本人としては、不愉快ですけどね。

中国好きですか? と聞かれると、答えるのは難しいんだが、ほんま面白い国だな。下品で乱暴、自己中と、極めて扱いにくい隣人だが、なぜか興味は尽きないな。やっぱり、人が面白いからだろうな。











Free - Heartbreaker



Still in Love with You(亀ゼリー本格派)

香港は男人街の近くにある亀ゼリーの店。

 

931_1024

 

ド派手な外観がいかにも香港だが、そんな店にふらっと入って亀ゼリーを注文する。

 

932_1024

 

たしか、25香港ドルだったかな。テーブルの上においてあるシロップをかけて食べる。漢方薬の味がして、さしてうまいものではないが、冷房のガンガン入った店で亀ゼリーを食べると、暑さがすーっと引いていった。ありがたい薬効があるらしいが、一度食べただけではよく分からない。ま、何度も繰り返して食べたいとも思わんが。

 

934_1024

 

ひっきりなしに客が来るところを見ると、結構繁盛しているようだ。

 

935_1024

 

店のおばちゃんに頼んで、亀ゼリーを作っている巨大な蒸し器の中を見せてもらう。年々大陸の影響力が強くなる香港だが、大陸のようにインチキ反日教育なんてやっていないので、日本人に対しても友好的である。大体、香港や台湾で反日活動やっている奴は、共産党のスパイか外省人(=中国人)しかいないんだが。

 

936_1024

 

亀ゼリーの他にも、漢方薬入りのお茶も出しているようだ。飲まなかったが、まあ、うまくはないだろうな。

 

 

 

Sade - Still in Love with You

 

Coma(勐腊→普洱バスの旅2)

出発前に近くの食堂で朝メシ。

 

367_1024

 

角刈りの中国オヤジ老板が適当に作ってくれる。ぶっきらぼうだが、親切なおっさんだった。ニーハオトイレに逝った後も、手は洗ってそうにないけど。雲南では、米線(ビーフンみたいな米の麺)を食うことが多いが、南部に来ると、北部の大理あたりとは米線の種類がビミョーに異なる。

 

368_1024

 

きしめんによく似た麺を選んで注文する。ミンチ肉の乗ったこれが基本形。あとは、ラー油、人毛醤油、ネギやニラ、辛すぎて食えねえトウガラシといったトッピングをセルフサービスで。日本にいると、朝メシはもっぱらパンだが、中国だとやっぱり麺だな。たしか、1杯3~4元くらいだったかな。 

 

369_1024

 

プーアルまでは、海格の割と新しいバスだった。海格は、蘇州にあるバスメーカーらしいが、

 

http://www.higer.com.cn/index/ 

 

安全性はともかく、乗り心地は悪くなかった。

 

370_1024

 

こっちは、ラオスのウドムサイ行き国際バス。モンラーは、中国からラオスに抜ける陸路の拠点なので、国際バスが多数走っているんだが、ほとんどが日本ではまず見かけないボロバスである。途上国のボーダーってのは、こんなもんだろうな。

 

371_1024

 

ラオス国境近くから、広西チワン族自治区の南寧や桂林を経由し、遥か彼方の湖南省衡陽、祁陽(どこやねん、それ?)まで走るドレイ船兼走る棺桶寝台バス。たぶん、2泊3日以上はかかるだろうな。 

 

372_1024

 

バスターミナルで見かけた、やたらスタイルのいいきれいなおねいさん。中国も、官製不動産バブル経済成長に伴い、デブふくよかなお方が増える一方だが、これだけのスタイルを維持するのは大変だろうな。デブの女の人って、太っているのをごまかすためか、ロングヘアを束ねずにダラっと垂らして、ダボッとした服を着ていることが多いけど、暑苦しくて余計太って見えるからやめた方がいいんじゃないかな? 弥縫策を弄するより、大人しくダイエットした方がいいような気がするんだが…。と、人生の半分以上をデブとして過ごし、デブだブタだと言われ続けた私も思う。

とはいえ、食べるのは楽しいが、何だかんだいっても、女は見た目が大事。お化粧だお洒落だと楽しそうな気もするが、女性は大変ですな。

 

 

 

Guns N' Roses - Coma 

 

Openings(市場のペット屋さん)

右肩上がりで終わりなき成長を続ける中国パチもん作り&不動産バブル経済。

偉大なる中国共産党の指導の下、人民の生活水準も向上し、ペットを買う人も増えてきた。 

 

409_1024  

 

そんな余裕があるなら、小学校にも通えず、夜の町で花売りをしている子どもたちを何とかしてやれよ、という気もするが…。あ、怒られる前に言っておくと、いつも通り、偉大なる中国様の発展に嫉妬する小日本の妄言でありんす。中国には古事記も売春婦もラリパッパもプッシャーもいません。世界は一家、人民はみな平等です。ま、さすがの中国にも、チャカを持っておベンツを乗り回しているウソップ童話出版社の方はおられないようだが。

しかし、内陸部の農民と沿岸部のお金持ちの経済格差もすごいが、犬鍋にされる犬もいりゃ、田舎から出てきた女の子がもらう月給の何倍もの値段で売られているペット用の犬もいるんだから、中国犬社会の格差もものすごいな。一体、これのどこが社会主義やねん!?

 

648_1024

 

こんな小汚い市場の中にもペット屋さんがあるのが中国という国。

 

650_1024

 

愛玩用のウサギが売られているようだ。

 

649_1024

 

なぜかニワトリと一緒に。

 

近くのレストランには、啤酒兔(ウサギのビール煮?)というメニューがあったような気もするが、きっと思い過ごしだろう。

 

基地外エコテロリスト株式会社グリーンピースやシー・シェパードのお兄さん・お姉さんたちは、中国の山奥には来ないのかな?  

 

 

 

Sebastian Hardie - Openings

 

Eat the Rich(優雅な雲南ランチと中国の小皇帝)

大理古城の街外れ。

 

230_1024

 

夜になると、中国名物エロ床屋が営業を始めて地元の男でにぎわったり、道端には、こんな感じの

 

231_1024

 

いかがわしい植物が景気良く生えていたりするが、 ヨソ者の観光客は近寄らず、白族のばーさんがのんびり歩いていたり、ガキが遊んでいたりと、地元民の暮らしが垣間見えるのどかな界隈である。そんな界隈に、

 

229_1024  

 

「杏花村酒家」という名前の老舗の白族料理レストランがある。沿岸部から来た団体客のツアーがバスで乗りつけることもあるが、地元民が婚礼の宴会を開いていることもある。老舗の店だが、値段も手ごろで、料理は何を食べてもおいしい。すぐ近くに、「杏花村飯店と」というよく似た名前のバッタもんレストランもあり、そちらもそこそこにぎわっている。

 

そんなレストランでのある日の昼食風景。

 

341_1024

 

黄焖鸡(鶏肉の甘辛炒め)

老奶洋芋(雲南風マッシュポテト)

砂锅豆腐(雲南風寄せ鍋)

 

この日は、男2人の優雅な男子会だったが、量が多すぎて食べ切るのに苦労した。メシはうまかったんだが、他の客が連れてきたガキが人が食事をしているすぐそばで大声で暴れまわっても、親は知らんぷり。店の人が注意しても一切聞こうとしないので、温和なことで知られるオレ様も、さすがにぶち切れて、クソガキを追い掛け回して、思いっきり怒声を浴びせてやった(言っとくが、それまでに何度も注意したし、手は上げてないよ。どついてやりたかったのは、ヤマヤマだったが)。

クソガキもさすがにビビっていたが、なぜ怒られているのかは全く分かっていない様子だった。それでも親はおしゃべりに夢中で知らんぷり。たぶん、何をしても親や周囲の大人から怒られることはないのだろう。ガキは怒られるのが仕事だと思うんだが、そんな考えは、今の中国はもちろん、日本でも通用しないんだろうな(日本にもいい加減な親はいるが、中国の比ではないよ)。

中国人と話すと、みんな小皇帝には辟易しているが、いざ自分の子どもとなると、やっぱり甘やかし放題で、怒らない。それが子どもにとって幸せなのかどうか、わたしゃ、よー分からん。 

 

 

 

Aerosmith - Eat the Rich 

 

より以前の記事一覧