フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

中国語あれこれ

Natural Thing(上海のイチゴ売り)

上海の市場で見かけたイチゴ

 
 
 
 
Dscn0082  
 
 
 
 
 
一番安いのが1パック5元で、高いのが12元。
 
日本と比べると、大体半額より少し安いくらいかな?
 
物価高の上海だが、偉大なる中国共産党が農民を時代遅れの戸籍制度で縛り付けて、徹底的に搾取しているため農産物はまだまだ安い。 
 
もちろん、内陸部の田舎と比べると高いけどね。
 
手前右にあるミニトマトは、1斤9.8元。
 
これは値段的にはこんなもんか。
 
POP代わりのダンボール片には、
 
人间最甜 先吃后买
 
(この世で一番甘い、1個食ったら買えやカス)
 
と書いてあるように読める。
 
何せ簡体字の殴り書きなので、判読するのが難しい。
 
それにしても、中国語って、少ない文字数で多くの情報を伝達できる点で、非常に効率的な言語なのだと今更ながら感心する。
 
その代わり、漢字の習得にはとてつもない時間と労力を必要とするけどね。
 
この日は8元のイチゴを購入し、なかなか甘くておいしかったので、後日、12元のブルジョアイチゴを購入する。
 
 
 
 
Dscn0176
 
 
 
 
大粒でおいしゅうございました。
 
日本でこれくらいの大きなイチゴを買ったら、500円くらいはするかな?
 
この12元のイチゴには
 
春   如   草莓
 
と書いてあるような気がするんだが、他の字はあまりにも乱雑で読めん。
 
イチゴを売っていた八百屋の前では、
 
 
 
 
Dscn0083  
 
 
 
 
サトウキビを路上販売していた。
 
公道を占拠して農産物を勝手に売るところは、いかにも中国だが、ジュース用の機械が見当たらなかったので、サトウキビをそのまま売っていたようだ。
 
昔、初めて上海に来たときに、サトウキビをそのままかじり、食べかすを路上にまき散らしていた若い女に対して、城管らしきおっさんが罰金を払えと迫り、大声で口論していた光景を見かけたことがある。
 
今でもサトウキビを丸かじりする習慣はそのまま残っているみたいだが、ジュースにするのはともかく、あんな物をそのままかじってうまいのかね?
 
私も、ガキの頃に、何回かサトウキビをかじった記憶があるが、口の中がカスだらけになり、全然おいしくなかった。
 
食習慣の違いと言えばそれまでだが、生のサトウキビを見ておいしそうだと思えるようになると、立派な中国人(上海人?)なんだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
UFO - Natural Thing
 
 
 

Walk This Way(バリアフリーの町上海)

永遠に発展し続ける偉大なる中華人民共和国のショーウインド都市上海では、弱者にも優しいまちづくりを目指して、バリアフリー化が急速に進行している。

 
 
 
 
Dscn0134  
 
 
 
 
 
地下鉄にはエスカレーターやエレベーターが整備されている。一昔前の中国では考えられない話だが、時代は変わるものだ。
 
 
 
エレベーターは、无障碍电梯(wú zhàng ài diàntī)と表記されているが、百度百科によると、Barrier-free elevators を中国語に直訳したようだ。
 
 
 
でも、Barrier-free って、和製英語じゃないのかな?
 
 
 
地下鉄駅の英語表示は、Accessible Elevator となっているが、こっちの方が正しいような気がする。
 
 
 
国際都市上海の面目躍如といったところだろう。
 
 
 
先進都市の上海なので、地下鉄を降りて一歩町に出ても、こんな風にバリアフリー化が進んでいる。
 
 
 
 
 
Dscn0135  
 
 
 
 
 
横断歩道の出口をふさぐように置かれた電柱、ゴミ箱、植え込み、放置自転車だが、反対側から見るとこうなる。
 
 
 
 
Dscn0157  
 
 
 
 
 
横断歩道の出口を完全にふさいでいる。
 
 
 
車道と歩道の段差も放ったらかし。 
 
 
 
電柱、植え込み、ゴミ箱のいずれも違う奴が設置して、その全員が全く何も考えていないのだろう。
 
 
 
ベビーカーは何とか通ることができるかもしれないが、車椅子はどう考えても無理で、目の不自由な人には完全に罰ゲームだな。
 
 
 
ここ、交通量のかなり多い幹線道路で、信号が変わると、クルマ、トラック、バス、電チャリ、チャリ、三輪車などが容赦なく突っ込んできて、モタモタしていると遠慮なく罵声を浴びせられる。 
 
 
 
いかにも万事デタラメでいい加減な中国らしい光景だが、障害者には危険極まりないので、さすがに笑えんな。
 
 
 
中国に行ったことのある人なら分かると思うけど、中国の歩道は段差が多く、舗装もいい加減で、障害物も多いため、障害がなくても非常に歩きにくい。
 
 
 
中国が誰もが住みやすい国になるには、まだまだ気の遠くなるような時間がかかるんだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Aerosmith - Walk This Way 
 
 

Goodbye Elenore(共享单车の現在地)

歩道上に無造作に停められた自転車。

 
 
 
Dscn0043  
 
 
 
 
日本では別に珍しい光景ではない。しかし、少し前の中国では、公道を勝手に駐輪場にして料金を徴収するババアがいて、それなりに整理はされていた。こんな風に乱雑に自転車が放置されている光景はあまり見かけなかった。この写真を写した当時は、何でこんなにチャリが増えたんだろうな?と思ったくらいで、さして気にも留めてなかったのだが、よく見るとこの自転車は、最近の中国で大流行のシェア自転車である。
 
 
 
 
Dscn0044  
 
 
 
 
シェア自転車の仕組みについては、わんばぁだん先生がブログで詳細なリポートを掲載されているので、是非ともそちらを参照していただきたい。中国語では、共享单车と言うようだ(そのまんまやんけ!)。私が中国語を習い始めた頃は、自転車は中国語で「自行车」だと教えられてものだが、最近は、「单车」が一般的なのかな? 「单车」を現代漢語詞典第7版で引くと、(方)自行车とあるので、辞書レベルではまだ方言扱いのようだ。そういえば、もう何年も前に広東省の女の子からもらったメールで、自転車を「单车」と書いていたので、元々は南方の方言なのかねえ?

さて、乗り捨て自由の中国式シェア自転車のシステムでは、わざわざ金を払ってまで駐輪場に停めるような奴はいないので、街中の至るところに自転車が無造作に放置されている。勝手に公道を占拠して駐輪場を作っていたババアは、当然のことながら商売上がったり。ボランティアで自転車を整理する奇特な人などいるはずもなく、歩道上はカオスになっている。結局、被害を被るのは、車椅子を使っている人や、ベビーカーを押しているお母さんなのが、いかにも弱肉強食のこの国らしい心温まる光景である。
 
さすがに、外灘などの世界的な観光地では、放置された自転車は即座に撤去されてはいたが、市の中心から少し離れた下町はこんなもんである。おそらく、シェア自転車の普及と共に放置自転車が社会問題になっているだろうから、偉大なる中国共産党がもうすぐ何とかしてくれるのであろう。このシェア自転車というシステム自体は、問題点を改善すればなかなか合理的なので、日本でも導入すると面白いが、やったもん勝ちの中国とは違い、まずは規制ありきの日本では難しいかな? 
 
と思ったが、このシェア自転車は、スマートフォンを使った電子決済とGPSによる位置管理で構築されているシステムなので、誰がいつどこにいるかの詳細な記録が残ることになる。偉大なる中国共産党がこんな便利な人民管理システムを悪用しない訳がないな。中国人でも、そのあたりの感覚が鋭敏な人は、こんなシステムは利用しないだろう。いや、別に何も後ろ暗いところがなくても、自分の行動を常に他の誰かに把握されているってのは、何だか気持ち悪い。気にならない人は気にならないだろうけど、私はちょっと無理かな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Toto - Goodbye Elenore 
 
 
 
 

Motherless Child(母の宝物)

ご無沙汰です。

何度となく更新しようと思い、記事を書き始めては、途中で放り出し、気が付けば1年以上が過ぎていました。ほんま、时间过得真快っすなあ。

さて、最近、とある中国人の女の人から、 「妈宝」という中国語を教えてもらいました。比較的最近の言葉だそうで、現代漢語詞典第6版には掲載されていません。百度百科には妈宝ではなく、「妈宝男」で出ています。曰く、

妈宝男,顾名思义就是什么都听妈妈的,什么都以妈妈是对的,什么都以妈妈为中心的男人。

その名の通り、何でもかんでも母親の言いなりになり、すべて母親が正しく、よろず母親が中心の男のこと。


まあ、平たく言うと、マザコン男のことですな。日本語のように外来語を借用して、かつ縮約するのではなく、漢語で新語を作り上げるところが、やはり漢字の国らしいのかな。

私にこの言葉を教えてくれた中国人女性の旦那さんが妈宝で、マザコン男が嫌われるのは中国でも同じらしい。そのくせ、自分に息子ができると、溺愛して、妈宝を作り上げるのも日中で共通するようです。人間ってのは不思議だねえ。

嫌われ者の妈宝だが、幼少時に母と離別し、その後一度も会わずに死別した私には、母の記憶がほとんどない。名前だけは知ってはいるが、顔すらよく覚えていない。母親がいたら、それはそれで面倒くさいんだろうけど、妈宝と呼ばれる男が羨ましくもある。私も、精神的には妈宝なんだろうな。

ちなみに、中国人の男も、「妈宝」と言われると怒るらしいので、知識として知っておくだけにしておきましょうね。









Yngwie Malmsteen - Motherless Child


iPhone6が買えずに暴れる中国人

iPhone6買えない!100人が騒動、中国人か 警官かけつける

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140919-00000568-san-soci


私の住む大阪でも、最近、ほんとうに中国人が多く、街を歩いて中国語を耳にしない日はない。日本の法律やルールを遵守して、お行儀よく暮らすなら文句を言うつもりはないが、暴れるならさっさと帰れよ。中国人について、ある程度は理解があるつもりの私ですらそう思うのだから、一般の日本人がどう思うのかは言わずもがな。

以前、NHKの中国語講座にも出ていた李淼さんも、バカッターのパチもん微博でこんなことを書いている。

iphone6今天日本开售,日媒和网上很多消息都提到,东京银座苹果店,几十名中国人插队,和现场日本人发生口角冲突。网上说,无锁版日本只卖约7万,是全球最低价,据说现场9成都是代购中国人。

iPhone6が、今日、日本で発売され、日本のメディアやネット上でもニュースになった。アップル東京銀座店では、数十名の中国人が行列に割り込み、居合わせた日本人と口論になった。ネット上では、SIMフリーのiPhone6は、日本では約7万円で、世界で一番安いと言われている。聞くところによると、現場にいたのは9割方が転売目的の中国人だとか。


http://www.weibo.com/limiaotokyo#1411140714010



中国語の「成」 って、十分之一という意味があるのね。知らんかったよ。

しかし、まあ、金の匂いのする所には、必ずやってくる人達なのね。その熱意の100分の1でも祖国の発展や世界平和のために使えば、中国も少しはまともな国になると思うのだが、それができないのが中国人なんだろうな。

「自由すぎると、香港のように混乱する。台湾も混乱している。中国人は管理される必要がある」というジャッキー・チェンの発言も、正鵠を射ているのかもね。




Fools(中国人間のクズランキング)

ジャッキー・チェンの息子が北京で拘束されたらしいが、父親のジャッキー・チェンは、中国で「人渣」として不動の地位を築きつつあるらしい。 現代漢語詞典によると、「人渣(rénzhā)」とは、



(名)人类社会的渣滓;败类,也说人渣滓


人類社会のカス、(集団内で堕落変節した)ろくでなし、人渣滓とも言う


とあるが、日本語で平たく言うなら、人間のクズってところだな。


「人渣」をググってみると、中国人渣排行榜(中国人間のクズランキング)が出てきた。


http://www.boxun.com/news/gb/china/2014/01/201401010906.shtml#.U_XtP8V_uSo


大陸ではアク禁の↑のサイトによると、我らがジャッキー・チェン先生は、2013年度のランキングで見事15位にランク入りしておられる。ランキング上位は、そのほとんどが共産党の汚職役人なんだが、ジャッキー・チェン先生は、中華芸能界では栄誉ある最高位である。その理由は、中共べったりの発言内容にあるようだ。それなら、チベット人歌手の韓紅あたりもランク入りしそうなものだが、大物中の大物のジャッキー・チェン先生と比べると、知名度や影響力といった点で相対的に小物ということになるのだろう。

最近よくテレビで見かける福島香織さんは、ジャッキー・チェン先生の大ファンらしいが、たしかに、1980年代から90年代にかけて、ジャッキー先生は日本でも大人気のスターだったな。福島さんと同世代の私の周囲でもファンが多かったよ。私は、ジャッキー・チェンよりはブルース・リー派で、ジャッキー先生の作り笑顔やコミカルな演技はどうも好きになれなかった。

さて、最愛の息子が偉大なる中国政府に拘束されてしまったジャッキー先生だが、偉大なる中華人民共和国の司法当局が法を厳正に執行した結果ではなく、要するに、父親が用済みにされたってことなんだろうね。ジャッキー先生の息子ともあれば、間違いなく公安の監視対象で、携帯やネットは全て盗聴・検閲され、24時間尾行が付いていて、薬物使用もずっと前から把握していたはずだが、敢えて拘束し、官製メディアで大ニュースにしたってことは、政治的な意図があると考えるのが普通だろう。

あれだけ露骨に中共の番犬として吠えまくっていたのに、役に立たないと判断されればポイ捨てされるとは、中華圏の芸能人も大変だね。息子を人質に取られてしまうと、中共批判などできるはずもなく、ジャッキー先生は、これからどんな立ち位置で活動するのだろう? 正直言って、演技は下手だし、アクション俳優としては盛りは過ぎているし、このまま引退して静かに暮らすのも選択肢の一つかもね。

あ、あまり好きじゃない人だけど、「新宿インシデント」の密入国中国人役は良かったよ。
 












Deep Purple - Fools

I Am A Rock(デジタル化の日々)

録りためて増える一方だったラジオ中国語講座やハングル講座のカセットテープやMDを、1年ほど前からMP3に変換する作業をしこしこ続けてきたが、120分テープで100本以上あったカセットテープがようやく10本ほどまで減ってきた。MDはまだまだあるけど、MDは急に劣化しないし、そんなにかさばらないので急ぐ必要もないか。年内くらいに終わればいいんだけど、一度やる気がなくなると、永遠にしない可能性大。デジタル化してしまうと、かさばらないし、劣化もしないんだけど、面倒くさいのよねえ。デジタル化しても聞かない可能性大だが。

ラジカセやMDプレーヤーをPCのマイク端子とつなぎ、超録というフリーソフトを使ってMP3に変換しているんだが、実に面倒くさい。思い切って処分してしまえばいいんだろうけど、それができないってのは根っからの貧乏性なんだな。あとは、何冊あるか分からないテキストを自炊してしまいたいのだが、これはもっと無理だな。

ってことで、最近はラジオ講座のテキストも買わず、講座自体もダウソしたファイルをMP3にして、放送期間が終了した後でまとめて聞くことが多いんだが、久々にラジオ講座のテキストを買った。



Dscf6091



 

左が今月号で、右が2007年3月号。

国民から強奪した受信料を反日宣伝に使い続けるキチガイ放送局には1銭たりとも落としたくないのだが、応用編も小説の講読になると、さすがにテキストがないとちょっときつい。番組自体は、今年1月からの放送分をダウソ済みなので、今聞いている2007年放送分の「陳凱歌の世界」を聞き終えたら、ゆっくり聞くことにしよう。

最近あまり名前を聞かない陳凱歌だが、番組中のインタビューで流れる彼の中国語はなまりが少なくて、非常に聞きやすい。聞く人が聞けば北方のなまりがあるのかもしれないが、私に分かるのはアル化が少々入っているくらいのものである。内容は少し抽象的なものもあるが、文革前後の父親とのエピソードは胸に迫る。

興味のある人は、自伝「私の紅衛兵時代」を参照されたい。翻訳者は、講座の講師を担当していた苅間先生である。今ではアメリカ国籍の陳凱歌だが、中国がやばくなったら即トンズラするんだろうな。このへんのリスクに対する感覚が、いかにも中国人的である。愛国愛国とは言いながら、自己中の中国人は国に対する帰属意識が希薄なんだろうね。






 

Simon & Garfunkel - I Am A Rock
 

Stand up and Shout(18万元で泣き叫ぶお役人)

東京都議会の塩村文夏先生や兵庫県議会の野々村竜太郎先生など、今、なぜか地方議会の先生方が熱いが、野々村先生の号泣会見に関する中国ネットユーザーの声が興味深い。いくつか紹介してみよう。例によって、適当に意訳してあるので、間違いがあったら、こっそり教えてくれると私が喜びます。





  • 出差195次才花18万也好意思哭  (7月3日 06:02) 

   195回も出張して18万人民元しか使ってないのに泣くんだね。



  • 18万人民币,出差195次。在我天朝能有这样的好官,人民生活满意度绝对能得到质的飞跃啊!!!  (7月5日 15:08)

   195回の出張で18万人民元。中国にこんな良いお役人がいたら、人民の生活満足度は飛躍的に向上するね。



  • 中国政府部门也应学日本做法,对有疑问的政府官员,开记者提问会,提出疑问让他们来回答,就此消除公众的疑虑,这个办法很好。  (7月4日 12:08)
 

   記者会見を開いて、質問に答えさせ、公衆の疑念を払拭するとは、なんと良い方法なんだ。中国の政府部門も日本のやり方を見習うべきだね。


   → このへんが、今の中国で許されるギリギリの政府批判かな? コキントーやシューキンペーなんかの個人名を出すと一発アウトだけど。



  • 比起5毛的主子差多了。  (7月3日 19:28)

      
    5毛のボスと大違いだな。



   → 5毛とは、中国政府から1回5角をもらって書き込みをするネット工作員のことで、 「5毛的主子」とは中国政府や共産党を意味する隠語である。



  • 丢死人了,赶紧来大中国吧~~[哈哈]  (7月3日 18:47)
 

   恥ずかし~、さっさと大中国に来いよ 



  • 天朝的100億, 面不改容 (7月3日 13:59)



    中国なら100億人民元でも顔色一つ変えないよ。


  • 怎么可能,岛国消费不是很高的吗 (7月3日 12:21)


   ありえね~、日本の物価はものすごく高いんだろ?



  • 来天朝吧,花一亿都没事的 (7月3日 11:17)



    中国に来いよ、1億元使ったって何てことないよ。



  • 天朝官员 出差半天都能花掉18万了 这娃… (7月3日 10:45)



    中国のお役人なら、半日出張しただけで18万元使えるよ




もちろん、野々村先生の絶叫会見を笑う書き込みもあったが、ほとんどはこんな内容の意見だった。突っ込みどころはそこかい!? という気もするが、18万元使い込んだだけで問題になることが不思議なようだ。それだけ中国の腐敗が深刻だと考えると、野々村先生の会見ごときが大ニュースになってしまう日本って、ものすごく幸せな国なんだろうね。













Dio - Stand up and Shout





Steal Away(火事場泥棒)

どM系熟女マニアの憧れの星(と私が勝手に認定している) 華春瑩ちゃん。偉大なる中華人民共和国の偉大なる外交部の偉大なる報道官だが、偉大なるCCTVの日本支局みなさまのNHKによると、最近、こんな発言をしていたようだ。



201405091920_2

 

 

南シナ海で中国とベトナムの当局の船どうしが衝突したことについて、菅官房長官や岸田外務大臣が「境界が未確定の海域における中国の一方的かつ挑発的な海洋進出活動の一環だ」と指摘したことに対し、中国外務省の報道官は「日本は火事場泥棒をたくらんでいる」と述べ強く反発しました。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140509/k10014339611000.html



火事場泥棒は、中国語で 趁火打劫(chen huo da jie)と言うらしい。百度百科によると、趁火打劫は、

【基本解释】利用失火的混乱时机行劫,比喻趁人之危,从中取利



火事の混乱に乗じた略奪行為、他人の危機に乗じて利益を得ること、とある。たしかに、日本語の火事場泥棒とほぼ同じ意味だな。

中国語の原文を読んでみたかったので、外交部のサイトでこの発言を探してみたが、アップされていないようだ。お世辞にも上品な表現とは言えないので、サイトに出すのはまずいのかね?

昔からそうだが、中国は、江の傭兵や鳩ポッポ、加藤嘉一先生のように自国に都合のいい発言をする者は、「中日友好に貢献する進歩的文化人」だと歯の浮くようなセリフで褒めちぎる反面 、本当の事を言う者については、公の場ではおよそ使わないような下品な言葉で口汚く罵る。バカをおだてて利用する術については、中国人の右に出る者はいないな。


日本人の感覚では、国の代表が、他国を「火事場泥棒」と罵倒するなんて考えられない話だが、それを平気でやってしまうのが、中国という国なんだろうね。

さて、その華春瑩ちゃん、動画を見ると中年太り若干ふくよかになったような気もするが、外交部の画像では、





W020140509745853831708



 
ずいぶん、ほっそりしているようで。やっぱり、春の園遊会で大暴れした豊田真由子先生みたいに、フォトショを愛用されているのかな? せっかく整った顔立ちをしているんだから、鶯谷にある美ポチャ専門デリヘル【ポチャパラダイス】に勧誘される前に、もう少しダイエットした方がええんちゃうか? ま、何かとストレスが溜まるんだろうから、ついつい食ってしまうのも分かるけどね。前任者の姜瑜ちゃんに比べると、隙が多そうな印象だが、それも含めたソフト路線のイメージ戦略なのかな?












Ozzy Osbourne - Steal Away (The Night) 




Nightlife(めざせ!発信型の中国語)

NHK(日本反日協会)のラジオ第2で2013年4月~9月に放送していた中国語講座の入門編を半年遅れで聞き始め、全120課をようやく聞き終えた。


放送期間:2013年4月~9月
講師:三宅 登之
出演者:李軼倫 劉セイラ


長年NHKのラジオ講座を聞き続けてきたが、実践的な表現が多く、文法的な説明も的確で、非常に役に立つ内容だったと思う。スキットも、ワガママな中国人の女の子に日本人の頼りない男が振り回されるというストーリーで、「ああ、中国って、こんな女の子いるよねえ」って感じで、個人的にはとても楽しめた。

劉セイラちゃんは、声優だけあって、いい声してるんだな。中国人には珍しく、いい子オーラが出まくってるし、思わずツイッターをフォローしてしまったよ。中国の女の子なので、間違いなく気は強いだろうけど。

「水くさいから謝謝なんて使うな」とは、私もよく言われたよ。その度に、「親しい間柄でも礼を言うのは日本人の習慣だから、気にせんといて」と釈明したものだが、中国語を話しても、何でもかんでも中国流に合わせる必要もないし、日本の文化や習慣を伝えるささやかな機会という事にしておこう。

私が中国語の勉強を始めた頃は、今は亡き陳真先生のクソ真面目でお固い講座や上野恵司先生の催眠術のような講座で、とにかく地味としか言いようのない雰囲気だったが、時代が変わると中国語講座の趣も変わるもんだね。当時も相原先生や榎本先生の講座は親しみやすい雰囲気だったので、担当する講師によって若干の違いがあるんだろうね。

「めざせ!発信型の中国語」 は、今年の10月から再放送するらしいので、おすすめ。NHKの反日放送の資金源になるし、最近はぼったくり価格がひどいので、テキストがなくても困らないなら、テキストは無理に買わなくてもいいかも。

ついでに、応用編の「かっこいい中国語」も並行して聞いているんだが、こっちは、いまいち気が乗らない。呉志剛、容文育というお馴染みの顔ぶれなのだが、肝心の講師の日本語がかっこ悪いので話にならない。一応、最後まで聞くつもりだが、リピはないかな。中国語に限らず、外国語講座は、日本人講師とネイティブゲストの組み合わせが一番合っているような気がする。ネイティブ講師は、学習者の視点が希薄だから、学習効率は高くないのかもしれない。








Thin Lizzy - Nightlife


より以前の記事一覧