フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

ルアンナムター

Elsewhere(焼きバナナの真実)

雲南省西双版納タイ族自治州勐腊(Měnglà、モンラー)、ラオス国境近くの小さな町にあるスーパーマーケットで買い物をするタイ族のおばさん。



361_1024


 

メインストリートが1本あるだけの辺境の田舎町だが、スーパーで売られている物は、他の中国の町とあまり変わらない。


362_1024


お惣菜コーナーには、こんな蒸し餃子があり、


360_1024


ビール売り場には、ハルビンビールが並んでいた。雲南省南部には瀾滄江ビール(メコン川ビール)という地元産のビールもあるんだが、あまり美味しくないので、この町でも、もっぱらハルビンビールを飲んでいた。雲南北部で出回っている大理ビールは美味しいんだが、瀾滄江ビールがイマイチなのは、水があまり美味しくないからかな。

そのモンラーからバスで数時間走ると、磨憨 (Móhān、モーハン)という、これまたチンケな国境の町があり、国境を越えるとラオスである。


280_1024


ラオス北部の町ルアンナムターのナイトマーケットで店番をする女の子。手前の網の上に並んでいるのは焼きバナナである。 商売気のないラオスでは、とりあえず品物を並べるだけで、客引きや呼び込みの声は掛からない。



052_1024_3



こちらは、タイ北部ビルマ国境の町メーサイの焼きバナナ屋台。ちょうど雨が降ってきて、おばさんも慌てているようだ。

このように、東南アジアではよく見る焼きバナナだが、バナナを加熱すると、甘味が増して美味しい。雲南は、中国屈指のバナナの産地だが、雲南北部でも南部でも、焼きバナナを売っているのを見かけたことはない。もちろん、探せばあるのかもしれないが、雲南人の知り合いに焼きバナナの写真を見せると驚いていたくらいだから、一般的に中国ではバナナを加熱して食べる習慣はないようだ。 

毛沢山さんのブログには、バナナを皮ごとバーナーであぶった中国風の焼きバナナが登場するが、マグロや牛肉はともかく、バナナを皮ごとあぶっても、皮が焦げるだけで、果実そのものには熱は通らないだろう。東南アジアではバナナを焼いて食うらしいから、とりあえずバーナーであぶっとけばええやろ、目の前でパフォーマンスをすれば客も喜びよるし、って発想がいかにも中国人的だな。

 







Joey Tempest - Elsewhere

Best I Can(ラオスの高級サウナ&マッサージ)

ラオス北部、中国との国境近くにある田舎町大都会ルアンナムターにある高級薬草サウナ。


290_1024


ラオスの田舎でよく見る高床式住居を転用しているようだ。


291_1024


一応男女別に分かれていて、左が男部屋で、右が女部屋なんだが、中に入ると真っ暗で何も見えないので、分ける意味ないんじゃないの?


294_1024


 

カーテンの奥が脱衣所で、手前の棚がセーフティボックス(笑)である。

で、大理石張りの豪華なシャワールームがこれ。


295_1024


サウナで汗をかいたら、手前にある大きな桶の中にある水をかぶるんだが、水は高床の下に垂れ流しである。


その高床の下には最新式のボイラー室がある。


296_1024


ここ、薬草サウナが売りなんだが、従業員のお兄ちゃんがその辺に生えている雑草薬草を採ってきて、いぶしてくれた。サウナ室の中はいい匂いがしていたが、ほんとうに薬草かどうかは不明である。ラオスや雲南名物のハッピーな薬草をいぶされて、サウナの中でトリップしても、分からんだろうな。

サウナでさっぱりしたら、この豪華なベッドでラオス伝統のマッサージをしてくれる。

 

292_1024


サウナは1万キープ(約100円)で、マッサージは1時間4万キープ(約400円)である。


293_1024

 

中国はともかく、タイだとかなりの確率でエロマッサージの可能性があるが、ラオスのマッサージは健全だったよ。


297_1024


 

サウナとマッサージですっきりした後は、近くの市場を徘徊する。


298_1024


 

市場で働くのはほとんどが女性で、男は昼間から酒を飲んだり、ボードゲームで博打をやっていることが多い。この辺の事情は、隣国である中国の雲南とよく似ている。


299_1024


 

市場でお惣菜を買い込み、ビアラオでこの日の豪華ディナー。サウナで汗をかいたので、ビールを飲んだらくらくらしたよ。いい具合に酔っ払ったので、さっさと寝る。ラオスの田舎は、娯楽が何もないし、店も早く閉まるので、夜は寝るしかない。夜遊び好きの人には物足りないだろうけど、ラオスの田舎は居心地がいいよ。







Queensryche - Best I Can

さいたま市民ラオス友好協会に紹介していただきました

https://ja-jp.facebook.com/saitamacitizen.laosfriendship


このブログでも何度となくラオスについて写真や記事を出してきましたが、この度、さいたま市民ラオス友好協会のフェイスブックで紹介していただきました。

関西人の私には、あまり馴染みがないのですが、さいたま市は、22年もの長きにわたってラオスの水道事業に協力しているそうです。

隣国のタイやベトナムとは異なり、訪れる人も少なく、日本人には馴染みの薄いラオスですが、豊かな自然が残り、ゆったりとした時間が流れ、穏やかな人々が静かに暮らす親日国です。このブログの読者には中国に興味を持つ人が多いでしょうが(もちろん、私もそうですが) 、雲南省のすぐ南にあるラオスにも興味を持っていただければと思います。





273_1024



豆乳売りの母子@ラオス北部ルアンナムター




Ain't No Love in the Heart of the City(ラオスのガキ)

ラオス北部の田舎町ルアンナムターの市場にいた小さな女の子。



222_1024


 

4歳か5歳くらいかな? 

ラオスの、とくに田舎の女の子は、全然すれていなくて、なかなか可愛らしい。

節子、知らん人について行ったらあかんで!

という訳ではないだろうが、どこからともなくお兄ちゃんが登場。



223_1024  


いいねえ、まさにガキの中のガキ。

ちょっとオマエ、ガキ1人連れて来い!

と言われたら、はいどうぞ、と言って差し出したくなるような究極のガキだな。

最近の中国のガキは、甘やかされ放題の小皇帝ばかりで、全然可愛くないんだが、ラオスのガキは元気でよろしい。

 

224_1024

 

続いて、ガキ3号も登場。カメラを持った変なガイジンがうろついているのが気になるんだろうね。

やっぱり、ガキは遊びの天才だな。

 

225_1024


 

何だかよく分からんポーズを決めてくれたが、ガッコで流行ってんのか?

ラオス代表のガキ3人組には、ガキオリンピックの金銀銅メダルを差し上げようcrown

中国みたいなバブルや大気汚染、タイのような政変とは無縁のラオスの片田舎だが、この子たちに明るい未来が訪れることを祈ってるよ。

ガキが遊んでいたすぐそばでは、こんなシャレオツなTシャツが売られていた。



226_1024


 

地元産の葉っぱを吸え!ということなのか?

中国ほどではないが、この国も何でもありやな。

途上国はこんなもんだろうね。

このTシャツを着て日本に帰ったら、税関のお役人が大喜びで、速攻で説教部屋行きだろうな。

誰か暇な人、実験してみて。

おいどんは、税関のお役人が苦手なので遠慮つかまつるけど。







Whitesnake - Ain't No Love in the Heart of the City

Run Like Hell(中国人在南塔)

ラオス北部の町ルアンナムター(中国名「南塔」)にある雑貨屋。


233_1024



この付近は、以前、中国行きの国際バス乗り場だったらしいが、国際バス乗り場は、今は町外れのバスターミナルに移転してしまった。その名残りという訳ではないだろうが、この雑貨屋のある界隈は、中国人街になっており、雑貨屋の老板も中国人である。

この町にはコンビニなんてないので、ここで水やビールを買ったり、人民元をラオスの通貨であるキープに両替してもらったり、老板と世間話をしたりした。老板は、陽気で気さくなおっさんで、しばらくしてこの町を再訪した際も、私のことを覚えてくれていた。こんな小さな町では、うさん臭い中国語を話す怪しげな小日本は、 印象が強いのかもね。



261_1024



その雑貨屋の前で、中国から運んできた積荷を下ろす中国人の若いお兄ちゃんたち。

 

ダンボール肉まんの中身は、中国製の電動スクーターである。トラックは、雲南ナンバーで、積荷も労働者も、中国から運んできたのだろう。ラオスは、農業と観光以外にめぼしい産業がないため、市場に並ぶ生活物資や雑貨の多くは安心と信頼の中国製である。道路や橋などのインフラ整備も中国に大きく依存している。聞くところによると、雲南省の昆明とラオスの首都ビエンチャンを結ぶ無料の埋葬サービス付きパクリ新幹線高速鉄道を中国が建設する見返りに、ラオスの鉱物資源を中国に提供するらしい。やめときゃいいのに…。

チャイナマネーに物を言わせて、ラオスのような小国を骨の髄までしゃぶりつくすつもりなのだろうか? ベトナムやタイといった癖のある国に囲まれ、小国なりにしたたかな外交を展開してきたラオスだから、中国に対する警戒感を怠っていることはないと思うが、あの国と関わると、ろくなことがないよ。といっても、隣国だし、東南アジア最貧国だから、崩壊寸前のバブルで成金の中国とは、関わらざるをえないのだろうね。






 
Pink Floyd - Run Like Hell




Julia(東南アジア的わんこの生き方)

ラオス北部の町ルアンナムターで見かけた犬。


305_1024


 

どこからどう見ても雑種、雑種の中の雑種、輝け!全日本雑種選手権に出場すれば金賞に輝きそうなキング・オブ・雑種という風情のしょぼくれたわんこだが、最近の日本では、こんな犬はあまり見かけなくなったね。ラオスもタイも、犬食文化がないのか、街中犬だらけで、そこら辺で交尾している姿をよく見かけた。放っておきゃ、そりゃ、増えるよね。
 

 

321_1024



同じくルアンナムターのナイトマーケットで残飯にありつくためにやってくるわんこ。追っ払っても追っ払ってもやってきては、悲しそうな目をして、ク~ンク~ンと情けない声を上げている。ラオスの犬は大人しいんだが、他の途上国と同じく、狂犬病予防注射なんて200%していないので、犬好きの人も近寄らない方がいいよ。

ラオスの隣国であるタイ北部の小さな町パイの市場付近で見かけたわんこの集団。
 

 

607_1024


   

縄張り争いでお取り込み中らしい。東南アジアの犬稼業も、楽ではないようだ。

でも、中国や韓国みたいに、情け容赦なく犬鍋にされるよりは幸運かもね。中国の農村では、番犬用の大型犬をよく見かけたが、都市部で野良犬を見かけることはあまりなかった。やっぱり、捕まえて食うんだろうな。 私個人は犬を食ったことはありませんが、食文化なので、犬食は否定しません。韓国人と話すと、ほぼ例外なく、犬鍋は「정말 맛있어요!」 だと嬉しそうに言うし、中国も南方では犬を食うのが好きだという人が少なくない。私も、機会があれば、一度くらい食ってみたいと思っています。

愛犬家の方、ごめんなさいね。でも、中国人と違って、他人の飼い犬を捕まえて食ったりしないので、どうぞご安心を。


ラオスもタイも、こんな感じのわんこが普通にウロチョロしてます。昼間はともかく、夜になって犬と出くわすと、なかなかおっかないです。









Pavlov's Dog - Julia



Black Rose(ラオス的市内交通事情)

中国では、電動スクーターが市民の足になっているが、隣国のラオスでは、電動スクーターはほとんど見かけない。他の東南アジアの国々と同じく、バイクがメインである。

 

248_1024

 

一家揃って仲良くお出かけのラオ一家。

 

中国では、事故ると一家全滅スタイルだが、ラオスの片田舎では交通量が少ないので、自損事故以外の事故は起きないだろうな。後部座席のおばちゃんお母さんのように、民族衣装の巻きスカートにサンダルがラオス女性の普段着である。 

 

247_1024

 

メインストリートを一歩入ると、こんな感じの通りが続いている。この町では信号を見かけなかったが、そもそも信号を設置する必要性がないのだろう。中国の場合は、信号があっても誰も守ろうとしないが(っていうか、信号を守る奴はバカだと考えるのが4000年のチャイナクオリティ)、ラオスはどうなんだろうな? 確かめようにも、信号自体がないんだから、話にならんな。ただ、トゥクトゥク(乗り合いタクシー)で郊外に出ると、運ちゃんはアホみたいにぶっ飛ばす。狭いラオスそんなに急ぐとあの世行き、だなんて考えないんだろうな。

 

183_1024

 

ラオスでは公共交通機関が発達していないので、こんな田舎町でも、バイク屋さんは繁盛している。

 

184_1024

 

中国メーカーの宗申摩托の販売店。

 

http://www.zongshenmotor.com/ 

 

中国でもよく見かけるメーカーだが、百度百科によると重慶が本拠地のようだ。エンブレムが、モロにホンダのパクリなんだが。

 

185_1024  

 

KOLAO MOTORCYCLE ってのは、ラオスのメーカーなのかな? それとも、ただ単に販売店の名前なのか? 中国メーカーの力帆の名前があるところを見ると、中国製バイクがメジャーなんだろうな。わたしゃ、昔、バイク乗りだったが、中国製バイクは、走っている途中で車輪が外れそうな気がするので、死んでも乗ろうとは思わんけど。 

 

281_1024

 

ラオス的レディース之図。

 

日本のレディースみたいにバカ丸出しのパツキンにコケおどしの特攻服ではなく、民族衣装の巻きスカート姿がいかにもラオスだが、ラオスの女性は、なぜか上着を前向きに着てバイクを転がしている。どんな意味があるのか、よー分からん。

 

297_1024

 

町でただ一人の走り屋。やっぱり、マニアには日本車が人気なのかな? 東南アジアでも最貧国のラオスで日本車を購入しようと思うと、目玉が飛び出るほど高額なはずだが、カネはあるところにはあるらしい。

 

 

 

Thin Lizzy - Roisin Dubh (Black Rose) A Rock Legend 

 

Barbara Ann(双龍夜総会)

ラオスのような田舎国家の田舎町も、人が生活する以上、娯楽施設が必要である。それが、この DRAGON PUB & KTV (双龙夜总会)。

 

262_1024

 

ガキがのんびり遊んでいて、奥にはバナナの木も見える。何とものどかな雰囲気だ。それが、夜になると雰囲気が一変する。

 

187_1024

 

建物の中からは、私が死ぬほど苦手なデスコミュージックの轟音が響いてきて、いかにもそれっぽい派手なおねいさんが集まっている。一応はデスコらしいんだが、そこにいるおねいさんと交渉して、お持ち帰りの後、不純異性交遊に勤しむのが主たる目的のようだ。

私も、現地で知り合った、とある超巨大企業の元タイ駐在員(なぜかタイ語がペラペラだった。私にゃ全く理解できんのだが、その彼曰く、タイ語とラオ語ってのは非常によく似た言語で、ラオスでもタイ語が普通に通じるらしい。彼のタイ語は、バンコクで同棲していたタイ人の女の子に教えてもらったらしいが…)とデスコの中を覗いてみたが、あまりの騒々しさに数秒で退散してしまった。

興味のある人はどーぞ。前にも書いたが、ラオスは女遊びをする国ではないので、あまりオススメはしないが。ちなみに、この町には中国人が多く、このデスコにも中国語の名前がついていたが、中国人らしき人は見かけなかった。

この町にいた中国人とも何度となく話をする機会があったんだが、彼らの生態については、またそのうち気が向いたら書いてみたい。ま、中国人って人たちは、ほんとたくましいよね。 

 

 

 

Blind Guardian - Barbara Ann

 

Northwinds(ラオスの昼下がり)

ど田舎の市場にて。

 

212_1024

 

カメラに向かって微笑んでくれるお惣菜屋のおかん。

ラオスの民は、某巨大人間不信国家の人民と違って穏やかである。うさんくさいガイジンがカメラを持って市場をウロチョロしていても、何も警戒しないし、あれ買えこれ買えとしつこく売り込んでくることはない。ぼったくりもなし。すぐ隣りの国なのに、中国とは大違いやな。

 

213_1024

 

そのラオスおかんが売っていたドーナツ。たしか、1個1000キープ(10円)くらいだったかな?

 

214_1024

 

このワッフルみたいなのは、素朴な味でなかなかうまかった。おフランスから伝わったのかな? これも1000キープだったかな? 市場での買い食いは楽しい。

 

215_1024

 

コッペパンとシェイク。前にも書いたけど、ラオスのパンはチョーうまいっす。

 

216_1024

 

爆睡する市場のおかん。ラオスは、中国と違って外食はあまり発達していないが、お惣菜を買う人は多いようだ。市場を歩くとお惣菜屋がたくさんあった。

 

218_1024

 

カリントウのような揚げ菓子。食ってないので味は分からんが、それなりにうまそうだった。

 

219_1024

 

ネックレスにブレスレットでおしゃれをした女の子。3,4歳くらいかな? ラオスの子どもは、スレていないので、なかなか可愛い。今の時代、日本でヘタに子どもの写真でも撮ろうものなら、インチキ賭博で日本人からかすめ取ったカネを北朝鮮にせっせと送金しているパチ屋や交通何とか協会に天下りしまくっているポリ公おまわりさんに通報されかねないし、中国なら人さらい扱いされるところだが、ラオスはのどかなものだ。もちろん、どこの国にも悪い奴はいるけどね。

ラオスは、笑えるほど何もないけど、のどかでいい所です。

 

 

 

David Coverdale-Northwinds 

 

 

No Mercy(日本トラックのその後)

捏造整形国家の大統領が日本に来て、おとぎ話をネタにまた謝罪と賠償を求めてきやがった。ノムヒョンよりはなんぼかマシかと思っていたが、こいつも似たようなもんだな。まったく、無礼な奴だ。江の傭兵を連れてさっさと帰れカス! と思っていた矢先、偉大なる領導者様ご逝去の秘宝悲報が。

日本人拉致の首謀者金ブタがようやく地獄に堕ちくさりやがったと言いたいところだが、私は、墓を掘り起こして死者に鞭打つどこかの国の人民とは違って、日本人なので、あんな極悪人でも死んだらホトケ様、ナンマイダ~!ってことにしておこう。

死んだことは事実だろうが、何せ世界でも指折りの基地外国家なので、その他の情報は一切信用できない。ま、4000年の封建&独裁の中国も似たようなもんだが…。しかし、テレビカメラの前で泣きわめく演技をしないと炭鉱送りになるんだろうから、基地外国家の一般ピーポーも大変だな。庶民に罪はないので、少々同情する。

ところで、拉致被害者家族の情報を総連に売り飛ばし、偉大なる首領様と写真を撮って喜んでいたパチ屋の広告塔土井たか子先生や朝鮮労働党イルボン支部支部長福島瑞穂先生、拉致実行犯の釈放を泣いて懇願し、拉致実行犯関係者に実弾をばらまいていた菅ガンス菅直人先生は、将軍様のご葬儀には出席しないのかな? ついでに、このクサレ反日軍団、偉大なる朝鮮の土になり、永遠に日本国に帰ってこなけりゃいいんだが。

 

さて、激動の東アジア情勢とは全く関係のないラオスの田舎町で見かけた日本のトラック。

 

168_1024

 

「竜峰運輸」と書かれてあるので、ちょっくら調べてみたら、奈良の運送会社らしく、倒産して、お役所から運送事業許可取消処分を食らっていた。

 

http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/press/files/1300339556.pdf

 

行政法でいう行政処分ってやつだな。借金のカタに取られたトラックが、東南アジアの片田舎に流れ着いて活躍しているとは、世界は広いのか狭いのか、よー分からんな。

 

 

 

No Mercy - Yngwie malmsteen