フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

メーサイ

Elsewhere(焼きバナナの真実)

雲南省西双版納タイ族自治州勐腊(Měnglà、モンラー)、ラオス国境近くの小さな町にあるスーパーマーケットで買い物をするタイ族のおばさん。



361_1024


 

メインストリートが1本あるだけの辺境の田舎町だが、スーパーで売られている物は、他の中国の町とあまり変わらない。


362_1024


お惣菜コーナーには、こんな蒸し餃子があり、


360_1024


ビール売り場には、ハルビンビールが並んでいた。雲南省南部には瀾滄江ビール(メコン川ビール)という地元産のビールもあるんだが、あまり美味しくないので、この町でも、もっぱらハルビンビールを飲んでいた。雲南北部で出回っている大理ビールは美味しいんだが、瀾滄江ビールがイマイチなのは、水があまり美味しくないからかな。

そのモンラーからバスで数時間走ると、磨憨 (Móhān、モーハン)という、これまたチンケな国境の町があり、国境を越えるとラオスである。


280_1024


ラオス北部の町ルアンナムターのナイトマーケットで店番をする女の子。手前の網の上に並んでいるのは焼きバナナである。 商売気のないラオスでは、とりあえず品物を並べるだけで、客引きや呼び込みの声は掛からない。



052_1024_3



こちらは、タイ北部ビルマ国境の町メーサイの焼きバナナ屋台。ちょうど雨が降ってきて、おばさんも慌てているようだ。

このように、東南アジアではよく見る焼きバナナだが、バナナを加熱すると、甘味が増して美味しい。雲南は、中国屈指のバナナの産地だが、雲南北部でも南部でも、焼きバナナを売っているのを見かけたことはない。もちろん、探せばあるのかもしれないが、雲南人の知り合いに焼きバナナの写真を見せると驚いていたくらいだから、一般的に中国ではバナナを加熱して食べる習慣はないようだ。 

毛沢山さんのブログには、バナナを皮ごとバーナーであぶった中国風の焼きバナナが登場するが、マグロや牛肉はともかく、バナナを皮ごとあぶっても、皮が焦げるだけで、果実そのものには熱は通らないだろう。東南アジアではバナナを焼いて食うらしいから、とりあえずバーナーであぶっとけばええやろ、目の前でパフォーマンスをすれば客も喜びよるし、って発想がいかにも中国人的だな。

 







Joey Tempest - Elsewhere

Sometime Again(辺境の日本炒麺)

タイ最北端、ビルマとの国境の町メーサイの小さな路地にある華人の食堂。



132_1024




上海の小籠包に雲南の過橋米線がこの店の名物らしいが、何でもありかい!?


簡体字と繁体字がごちゃまぜなのも、多様な文化が交錯するこの地域らしいのかな。そんな高尚なものではなく、ただ単に老板がいい加減な奴なのかも。


タイは、中国とは直接には国境を接していないが、ビルマやラオスを経由すると中国まですぐなので、中国人・華僑・中国系タイ人などの華人が非常に多い。この町でも、店先の漢字表示を眺めていると、華人の商店主からよく中国語で声をかけられた。大陸の中国人と違い、反日教育で洗脳されていないので、日本人だからといって嫌な目に遭うこともなかった。「日本から来たんだよ」と言うと笑顔で歓迎してくれた。

現地の華人に、「お前は、中国人なのか? それともタイ人か?」と聞くと、例外なく「タイ人だ」という答えが返ってきた。タイの華人は、比較的現地に馴染んで生活していると聞いたことがある。メーサイに住んでいる華人は、地理的に雲南から流れてきた人が多いんだろうけど、タイ人だという意識が強いのかもしれないね。

私が日本人だと分かっても、「お前は何で中国語が話せるんだ?」と聞かれたことはない。彼らは、日常生活において複数の言語を話すのが普通なので、日本人が中国語を話しても別に違和感はないのだろう。




039_1024


 

別の華人食堂のメニュー。


な、何やねん、日本炒麺って? 


タイにも、「パッタイ」というタイ風の焼きソバがあり、パクチーもよく入っているが、一体、日本のどこに焼きソバにパクチーを入れる奴がおるねん?


こういうところは、タイも中国も共通だな。 その大らかというか、いい加減というか、アジア的なルーズさは、結構好きなんだけどね。










Katmandu - Sometime Again



Ninja(国境のナイトバザール)

タイ最北端、ビルマとの国境の町メーサイの目抜き通りで開かれるナイトバザール。



043_1024




画面奥に見える山は、もうビルマである。




044_1024



何だかよく分からんが、スイーツ(笑)の店。どこの国でも、女性は甘い物が大好きだが、タイも例外ではないようだ。バナナの葉に包まれたチマキみたいなのは、たぶんモチ米だろうな。




045_1024


 

ラオスやタイでよく見かけるソムタム(パパイヤサラダ)のお店。 死ぬほど辛いので、辛党の方におすすめ。地域によって味が違うらしいんだが、私には、辛すぎて味の違いが分からんかった。




046_1024    



 
タイ風クレープ 。どこの町でもよく見かける食い物だが、味の方は、まあ、可もなく不可もなく。




047_1024



 
中国人の大好物である鶏の足。タイ人も食うんかい。別にマズくはないが、あんまり食うところがないんだな。中国人は、これをチュルチュル音を立てて食うんだが、お世辞にも上品な食い物とはいえんな。




049_1024



 
タイ風たこ焼き。食ってないが、中国でよく見かけるインチキ臭いたこ焼きと同じく、まあ、マズいだろう。




050_1024



 
ガイヤーン(タイ風焼き鳥)。お餅して、宿の近くで買ったビールのアテにしたが、これは香ばしくて、なかなかおいしい。どこの国でもおなじみの料理なので、味は若干違っても、まあハズレはないだろうね。


 


052_1024




東南アジアではおなじみの焼きバナナ。バナナは加熱すると甘みが増すんだが、結局、食わんかったな。


そして、現地人が嬉しそうに買い求めていたのは、世界で大人気の日本食であるこれ(謝罪と賠償を求めるのが大好きな、キムチ臭いストーカー国家では、これもウリナラ起源らしいが)。



048_1024



 
メーサイは、夕方でも余裕で30℃を超えるようなクソ暑い町だったが、冷蔵庫など当然あるはずもない。




053_1024



 
どう見ても、ヤバすぎやろ、この寿司。さすがの私も、自分が可愛いので、この寿司には手を出してません。こんなタイの片田舎でも日本の食文化が伝播しているのは、決して悪い気はしないが、何か少し違うような。ま、マイペンライの国だから、これはこれでいいんだろうね。中国は、何でもかんでも大雑把だが、東南アジアは、よろずいい加減。っていうか、日本みたいに、何でもかんでもきっちりしているのが、世界的には異常なんだろうな。


本年も、こんなくだらんブログをご覧いただき、ありがとうございました(自分で言うのもアレですが、アホが感染するので、こんな有害ブログより加藤嘉一先生公式サイトのような中華人民共和国外交部推薦の優良サイトをご覧になった方が良いかと思われますが…)。

それでは、みなさま、よいお年を。
 







Europe - Ninja


Celebration Day(国境の町のパレード)

更新が滞ってすんませんです。

明日、衆議院議員総選挙の公示らしいが、偉大なる中国様は、旧ソ連製のオンボロ空母や原潜で周辺諸国を恫喝しまくり、沖縄だけでなく日本列島を「解放」しようと虎視眈々と狙い、基地外キムチ野郎は竹島に不法侵入し、北の刈り上げブタ野郎が打ち上げ花火をぶっ飛ばそうとしているのに、朝鮮ミズポたんは、「護憲」だ「平和」だと鼻息荒くほざいている。あの人たちは、憲法を改正すると、すぐにでも第3次世界大戦が始まるとでも思い込んでるんだろうけど、脳ミソに虫湧いてるんか?

寝言言ってる暇があったら、祖国に帰って、お前らがキチガイ国家に売り渡した拉致被害者を全員取り戻して来いや、 (#゜Д゜)ゴルア


なんてことは全く思っておりませんですよ、わたくし。みなさん、衆議院選挙の際は、平和と護憲の社民党に投票しましょう(オレ様は、社民党と民主党その他反日政党には死んでも投票せんが)

ま、とにかく、投票には行きましょうね。


さて、タイ北部ビルマとの国境の町メーサイで見かけた何かのパレード。
 


144_1024



当然のことながら横断幕もタイ語なので、何のパレードなのか全く分からん。もしタイ語の読める人がいたら教えて欲しい。某巨大悪徳共産独裁国家の「反日デモ」という名の200%やらせ官製反日テロで悪徳政府が用意した、「小日本を皆殺しにしろ!」なんて横断幕なら、全部漢字だし、どうせろくでもないことしか書かれていないので、猿でも意味が分かるんだが。 
 



145_1024



たぶん、アカ族のおねえさんたち。このあたりは、ビルマ、ラオス、中国の国境に近い山岳地帯なので、少数民族が多い。だから、インチキ北京オリンピックの開幕式みたいに、ニセモノの少数民族を連れてくる必要はない。 思えば、昔、テロ朝の川口浩探検隊シリーズが、そこらへんの小汚い栄養失調気味のおっさんに小銭を払って、ボロ布を着せて原始猿人バーゴンに仕立てていたが、北京オリンピックでやってたことは川口浩探検隊と同レベルなんだな。

 


146_1024




幟を持ってご機嫌なおぢさんたち。どうせパレードに参加するなら、衣装をもう少し何とかした方がええんちゃうの?



147_1024



みんな楽しそうね。ここ、タイ最北端の田舎町なので、他に娯楽はないんだろうな。メーサイにも売春宿くらいはあるが、古事記やプッシャーだらけの中国の国境の町と比べると健全なものだ。


最近、再結成ライブ盤を出したゼップについて書きたいことがあるんだが、また今度。どうせ、ゼップに興味ある人なんかいないだろうけど。








Led Zeppelin - Celebration Day






Bridges In The Sky(国境に架かる橋)

タイ最北部の町メーサイに、タイとビルマ(ミャンマー)のタチレクを結ぶ国境の橋がある。



149_1024



場所はこのへん。


 

大きな地図で見る



民主化まだ道半ばで、何かと制約の多いビルマだが、ここは外国人も歩いて橋を渡ることができる。



150_1024




この小さな川が国境になっており、右側がビルマで、左側がタイである。




151_1024



こんどは、右側がタイで、左側がビルマ。

やはり、ビルマ側の建物は、若干見すぼらしいかな?



152_1024



ビルマ語で書かれた看板。

タイ語もラオ語も全く読めないが、ビルマ語も全く読めない。漢字だらけの日本や中国にやってきて、戸惑う西洋人の気持ちが何となく分かる。



153_1024



青いゲートの右側がビルマの入国審査場である。暴虐の限りを尽くし、正義の味方ランボーに撃ち殺されそうな腹黒いクサレ役人が出てくるのかと少々構えていたが、ビルマのデブ係官はものすごくフレンドリーだった(街を歩いたらデブはほとんど見かけなかったが、お役人だけは、なぜかデブなんだな。何とも分かりやすいというか、何というか…)。入国料が10ドル(または500バーツ)かかるんだが、ワイロを要求されることもなかった。日本から来たことを知ると、「アリガト!」と怪しげな日本語を話して喜んでくれた。

入国それ自体は簡単なんだが、外国人は行動を制限されており、タチレク市内から出ることはできない。身分証明書代わりのパーミットが発行され、パスポートをボーダーで預ける必要がある。もちろん、出国の際にパスポートは返してくれるが、パスポートを人質に取られると、トンズラしようがないよね。


「アジア最後のフロンティア」などと喧伝され、チャイナリスクに戸惑う日本企業の注目を浴びる国だが、ビルマはビルマでまだまだリスクが多いんだろうな。ま、捏造反日教育でアホな人民を洗脳している某巨大独裁国家と比べると、ビルマは、親日国の多い東南アジアでも屈指の親日国だし、政府公認の反日テロが起きるとはまず考えられないので、相対的にはまだ安全な進出先かもね。










Dream Theater - Bridges In The Sky