フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

香港

I Need Love (香港的成人映画商店)

http://hanyukezhan.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-cb62.html


以前にも、↑で紹介したことがあるが、香港の男人街にある裏ビデオ屋。



930_1024



ポルノが一応はご法度のはずの大陸でも裏ビデオは売られているが(そもそも、あの国は、政府も人民も、法律?何それ?おいしいの?状態の無法地帯なので、合法とか違法とかいう概念自体が無意味なんだが…)、屋台や道端、公安や城管の目につきにくい歩道橋の上なんかで、おっさんがひっそり売っていることが多い。普通の商店の隣で堂々と営業しているところが、いかにも香港なんだろうね。

裏DVDが1枚10香港ドル(約130円)で、諸物価高騰の折、今はもう少し高いのかもしれないが、安い。ただ、売られている裏ビデオの大部分が、日本のエロビデオの海賊盤だというのは、大陸と同じだな。聞くところによると、モザイクはないらしいので、日本のヤーさんあたりがモザイク処理前の原盤を流しているんだろうね。

しかし、ネット接続を政府が規制している大陸とは違って、香港では、エロ動画なんてネットで見放題なのに、 エロDVDを誰がわざわざお金を出して買うんだろ? 

ちなみに、店先に「성인영화상점」と書かれているハングルの意味は、「成人映画商店」である。そのまんまやんけ。少しはひねらんかい。








Deep Purple - I Need Love (2010 Kevin Shirley Remix)







These Days(高速鉄道事故1周年)

中国のパクリ新幹線高速鉄道の事故からちょうど1年になるらしい。事故そのものより、あまりにも乱暴な事故処理に唖然としてしまったが、慰霊碑や慰霊祭もなければ、事故現場には自動車教習所ができているらしい。反日教育のための捏造慰霊碑なら吐いて捨てるほどあるのに、ほんの1年前になくなった犠牲者を慰霊する気なんてさらさらないのが中国流の人道主義ということなのだろう。

今さらながら、すごい国だなあ。あ、私も、大昔には、中国各地の捏造慰霊碑や捏造記念館を訪れては、小日本鬼子に殺された犠牲者に手を合わせ、一人土下座外交に勤しんでおりました。中国がどんな国かよく知らず(実は今でもよく分からんが…)、ホンカツや朝日(チョウニチ)新聞、日教組に洗脳された結果だったが、我ながら若くて純粋だったのね。

南京の江東門にある例の記念館は、私が訪れた頃もかなり大きな施設だったが、近年、新装開店して絶賛営業中らしいので、再訪するのも悪くないかも。私が訪れた当時の南京は、高層ビルといえば金陵飯店くらいで、何もない江南の田舎町だった。南京は、結構好きな町なんだけど、さすがに昔の面影はないだろうな。

 

その南京から遠く離れた香港の下町にあるカニ料理のレストラン。

 

887_1024

 

あ~、久々に香港に行きたいな~。 

 

 

 

Bon Jovi - These Days 

 

 

Still in Love with You(亀ゼリー本格派)

香港は男人街の近くにある亀ゼリーの店。

 

931_1024

 

ド派手な外観がいかにも香港だが、そんな店にふらっと入って亀ゼリーを注文する。

 

932_1024

 

たしか、25香港ドルだったかな。テーブルの上においてあるシロップをかけて食べる。漢方薬の味がして、さしてうまいものではないが、冷房のガンガン入った店で亀ゼリーを食べると、暑さがすーっと引いていった。ありがたい薬効があるらしいが、一度食べただけではよく分からない。ま、何度も繰り返して食べたいとも思わんが。

 

934_1024

 

ひっきりなしに客が来るところを見ると、結構繁盛しているようだ。

 

935_1024

 

店のおばちゃんに頼んで、亀ゼリーを作っている巨大な蒸し器の中を見せてもらう。年々大陸の影響力が強くなる香港だが、大陸のようにインチキ反日教育なんてやっていないので、日本人に対しても友好的である。大体、香港や台湾で反日活動やっている奴は、共産党のスパイか外省人(=中国人)しかいないんだが。

 

936_1024

 

亀ゼリーの他にも、漢方薬入りのお茶も出しているようだ。飲まなかったが、まあ、うまくはないだろうな。

 

 

 

Sade - Still in Love with You

 

Sunset(中国っぽくない風景)

長年の植民地支配から脱却し、偉大なる祖国へ復帰となれば、住民一同涙を流して喜ぶはずが、誰も喜ばないどころか、悪徳独裁国家に返還される前に住民が大挙してカナダやらオーストレイリアに脱出してしまった香港。 

 

028_1024

 

香港空港近くの車窓風景。お役人がワイロもらいまくって、有害物質垂れ流しのバッタもん工場野放しで大気汚染がひどいどこかの魔大陸と違って、空が青い。

 

029_1024

 

道路を走るクルマも、大陸みたいにムダにクラクションを鳴らしたりせず、交通マナーは総じて良い。狭い地域に多くの住民を抱える香港なので、環境保護や秩序維持に力を入れないと、社会生活が成り立たないのであろう。ある種の生活の知恵なんだろうな。

 

P1020381_1024

 

市街地から少し足を伸ばすと、こんなビーチもある。大陸なら人民の怒号と喧騒が渦巻き、タン吐きゴミ捨て攻撃が炸裂するところだが、静かなものだ。

 

P1020382_1024

 

大陸人も香港人も、その圧倒的大多数は漢族で、基本的に同じDNAを持つ人たちなんだろうが、香港人のマナーが割とまともなのは、植民地支配下で英国流の教育を受けてきたからなのかな? ま、個人的には、女王様やキルスト様の名の下に世界中で殺戮と強盗を繰り返してきたエゲレスがそんなにお上品な国家だとはとても思えないんだが。よその国から盗んできた物を博物館で堂々と展示するなんて、よっぽど破廉恥な精神構造の持ち主じゃないとできないよね。

ってことは、大陸でも、200%捏造反日洗脳教育なんかやめて、100年間くらいまともな教育をすれば、人民は、ゴミ捨てタン吐き大声割り込みなどの蛮行をしなくなるのかな?

久々の香港ネタで、本場の亀ゼリーについて書こうかと思ったが、またこんど。

 

 

 

Cozy Powell - Sunset 

 

Lovers of the World(男の世界)

たしか、香港は九龍の目抜き通りネイザンロードで写した1枚。

 

 

909_1024  

 

ベニス賓館に吉野家、中年太りの香港オヤジと香港おばちゃん、今どきのワカモノと何の変哲もない写真だが、「新浴徳池」の看板が気になった。浴徳池と聞いてピンとくるのは、相当な上海通の方だと思うが、南京東路にあった老舗の中国式サウナである(今でもあるのかどうかは知らん)。

今の時代、「上海・サウナ」と聞けば田舎から出てきた小姐がズラリと並んだエロの殿堂で不純異性交遊、といういかがわしい光景を思い浮かべて、ハアハアする人もいるだろうが、浴徳池は、エロとは無関係である。ましてやモーホー兄貴のハッテン場でもない。シャワーがあまり普及しておらず、娯楽の少ない当時の上海で、たまには風呂に入ってさっぱり、という人民憩いの場であった。

日本人の間でも、上海風呂の名前で親しまれており、無類の風呂好きである私も、行こうかと思ったが、やめた。行ってきた人に話を聞くと、素っ裸の上海オヤジが、マンツーマンで全身アカスリをしてくれるらしいのだが、変なところだけは律儀なのが謎の人民。股間のマル秘部分まで念入りにアカスリをするらしいのだ。

しかも、ご丁寧に、キ●タマを持ち上げて、イナリ寿司の裏側や菊の花までゴシゴシされると聞いた。いや、あの、ただでさえ粗末な物が擦り減ってしまい、より一層粗末になると困るのもあるが、何が悲しゅうて中国人のオヤジにキ●タマを持ちあげられなあかんねん? それだけでも耐え難い苦痛だが、目の前で中国オヤジのタウナギがぶらぶらした日にゃ、もうおムコに行けんわ。

嫌だ嫌だ嫌だ、おっさんの裸なんぞ死んでも見たくない、ってことで、上海の浴徳池は未体験のままである。で、香港にある、この新浴徳池、「正宗上海式按摩、擦背、修甲」とのことだが、上海の浴徳池とは何の関係もないバッタもんだろう(中国ではよくある話である)。検索してみたところ、一応、まともなマッサージのようだが、やはりそっち系のサーヴィスもあるらしい。

 

http://asiaotokoyu.com/kutikomi/HKG_Massage/c_board.cgi?v=4

 

ただ、水野晴郎先生や淀川長治先生、フレディ・マーキュリー先生なんかが泣いて喜ぶ、

 

ウホッ!いい男

アッー!

やらないか

 

系の店かどうかは不明である。興味がある人は試してみたらいかがだろうか? オレ様はノンケなので、死んでも嫌だが。

 

 

 

Jerry Wallace - Lovers of the World 

 

 

Dedication(路地裏愛好家に捧ぐ)

香港の路地裏。

私は、高級店が軒を連ねるネイザンロードよりも、こんな所を徘徊するのが楽しい。

 

917_1024

 

パチもんばかり売っているのは大陸と変わらんが、大陸のように殺伐とした雰囲気はない。広東語は全く分からんが、香港人の買い物風景は、何となくのんびりしている。

 

919_1024

 

女性がアクセ選びに夢中なのは、どこも一緒だな。どうでもいい話だが、私は、黒髪の女性が大好き。深津絵里や仲間由紀恵、石原さとみちゃんみたいなつやつやした黒髪を見ると、思わずうっとりする(ま、石原さとみちゃんは、病院に布教活動にやってきて、病に苦しんでいる人に向かって、「信じなければ地獄に堕ちる!」とか平気でぬかしやがる、変な宗教やってなけりゃもっといいんだけど…)。

 

920_1024

 

スリの多い大陸では、人混みではリュックを体の前に担ぐのが定番だが、香港人はそうではないようだ。

 

921_1024

 

ちょいメタ老板娘が着ているパチもんメスネズミミニーちゃんTシャツがクールですな。

 

925_1024

 

香港の女の子は、大陸女子御用達ヒスイのブレスレットや赤い紐のついたペンダントはしないのかね? あれを見ると、ああ中国だな、と思うんだが…、やっぱり、ダサいから嫌なのか?

 

926_1024

 

よく見ると、アラレちゃんやスーパーマリオのフィギュアみたいなのを売っているんだが、今どき、そんなん買う奴おるんか?

 

927_1024

 

アメリカ政府公認の著作権マフィアネズミー株式会社やサンリオが見たら、泣いて喜びそうな光景だが、折りたたみの傘のようだ。ま、大陸製だろうな。 

 

 

Thin Lizzy Dedication

 

 

 

YYZ(香港のコンビニにて)

香港島を走るトラム。

 

050_1024

 

香港のエスカレーターは、やたら速度が早いんだが、トラムもかなりの速度で走っている。

 

051_1024  

 

バスの運ちゃんも、結構ぶっとばす。狭い香港そんなに急いでどこに行く? 

 

日本ではコンビニにはほとんど行かないが、蒸し暑い香港では、水やビールを買うために、コンビニをよく利用した。

 

052_1024

 

うさんくさい品物があふれる大陸のスーパーやコンビニと違って、まともな物が並んでいる。だから、突っ込みどころはあまりない。しかし、サーモン寿司のポテチって、どんな味なんだろ?

 

053_1024

 

大陸と違って安心感はあるが、値段は日本とほとんど変わらない。 

 

054_1024

 

オクトパスカードで決済できるのも便利だよね。

あ~、また香港行きたいなあ…。




 



Rush - YYZ

 

Perfect Strangers(そこらへんの香港人)

スターフェリー乗り場で船を待つ香港の一般ピーポー。

 

040_1024

 

大陸なら、人民の怒号と喧騒とひっきりなしにタンを吐く音がして、騒騒しいったらないが、香港人は比較的静かである。同じ漢民族でも、受けてきた教育によって、民度に顕著な差が生じてしまうのだろう(って言うか、どこかの某大陸が異常なだけなんだろうけど…。捏造反日教育しているヒマがあったら、まともな教育をしろっちゅうねん! ちなみに、ここでいう「教育」ってのは、ガッコのおベンキョではなく、公共の場で大声を出さない、列には並ぶ、タンを吐かない、やたらと人を騙さない等の、人間として最低限必要なお行儀を教えることである)。

 

スターフェリーの船内から見た香港島。

 

041_1024

 

同じ夜景でも、上海のそれはベニテングダケの出来そこないみたいな悪趣味なハリボテが多くて、興ざめしてしまうが、香港の夜景には違和感がない。素直に綺麗だなあと思える。

 

042_1024

 

スターフェリーの船内風景。

 

043_1024

 

年季の入った造作がいい味を出している。

 

044_1024

 

濃い顔でこっちを見ているのは、インド系のおっさんだろうか。どうせなら、ただメンチを切るだけではなく、タイガー・ジェット・シンみたいにサーベルを振り回したり、「インド人もびっくり」と言いながら開脚ジャンプをして、異国から来たふとどきな小日本を喜ばせて欲しいものではある。

 

047_1024

 

香港では街歩きをして、スターフェリーに乗ったくらいだったが、それだけでも十分楽しめた。

 

049_1024

 

香港島から九龍を望む。

 

もう少し涼しければ言う事なしなんだけど、あのむせ返るような熱気が、この街の魅力でもあるんだろう。ただ、同じ広東でも、広州駅前のようにムキ出しの欲望を凝縮したヤバい雰囲気はない。沢木耕太郎の「深夜特急」が、香港ではなく広州からスタートしていたなら、あの本も、もっと殺伐とした雰囲気になっていたんだろうな。










Deep Purple - Perfect Strangers  

Sweet Child O' Mine (エッグタルトあれこれ)

香港の地下鉄駅構内にあるケーキ屋さん、美心西餅(Maxim's Cake Shop)。

 

888_1024  

 

今どきの言い方をすれば、エキナカってやつか。見たところ、値段も手ごろで、帰宅途中のOLさんやサラリーマンでにぎわっていた。

 

その店でエッグタルトを購入。

 

866_1024  

 

たしか、1個5HK$くらいだったか。うまいことはうまいが、日本や大陸で食べたエッグタルトとそれほど違うわけではない。大理のパン屋では、1個1~2元くらいだったから、雲南と香港の物価の差を考えても、コストパフォーマンスはそんなに高くはないかな。

この店に限らず、香港のエキナカでは、オクトパスカード(香港の公共交通機関やコンビニで使える電子マネー)が使えるのが便利である。ちなみに、この店で買物をしたときは、香港人の店員さんが笑顔で、Thank you と言ってくれた。中国に返還されたとはいえ、サービスに関しては、店員が客とケンカをする魔大陸と大違いである。

 

こちらは、日本にあるアンドリューのエッグタルトという店。

 

003_1024


 

環状線の鶴橋駅のエキナカだが、本店はマカオにある澳門安徳魯餅店(Lord Stow's Bakery)という店らしい。 

 

002_1024

 


環状線に乗った際に、鶴橋で途中下車して、試しに買ってみた。エッグタルト1個210円。ずっしりとした味で、うまい。でも、210円は高いな。マカオだと、1個8パタカ(約84円)くらいらしいから、倍以上する。それに、1個がそんなに大きくないので、210円出して食べる価値があるかといわれると、ビミョーなところである。デフレといわれて久しいが、やっぱり、日本は物価高だな。

ちなみに、私、酒も好きだが、甘いものはもっと好きである。酒は飲まなくても全然平気で、ここ2~3週間ほど全く飲んでいないが、甘いものは、何だかんだと毎日食っている。あ、デブに戻るのは嫌だから、食べ過ぎないように気を付けているので、今のところ、標準体重マイナス1キロくらいをキープ中。





Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine

Superstitious(当たるも八卦)

香港の路地裏を歩いていたら、占い屋が並んでいる一角があった。

 

928_1024

 

見たところ、客はほとんどが女性だった。女性が占い好きなのは、日本もそうだな。わたしゃ、占いの類は一切信じないので、占い師にお金を払って、人生の指針を与えてもらう人の気持ちが理解できないのだが、それで気が楽になるのなら、占いにもそれなりに意味があるのだろう(でも、やっぱり、細木なんとかみたいな銭ゲバ説教ババアの腹黒そうな顔を見ていると、あんなクソババアのタワゴトを信じる気には到底なれんが)。

 

占い通りの少し先では、地元民のカラオケ大会。

 

929_1024  

 

ジャイアンのリサイタルより少しマシな程度の歌だが、広東語なので、何を歌ってるのかさっぱり分からんかった。若い女性は占い、ジジババはカラオケ。拝金主義のくせに妙に迷信深い中華系も、ジジババになると、占いなんてインチキを信じても仕方がないと思うのかな? 








Europe - Superstitious