フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

勐腊(モンラー)

Elsewhere(焼きバナナの真実)

雲南省西双版納タイ族自治州勐腊(Měnglà、モンラー)、ラオス国境近くの小さな町にあるスーパーマーケットで買い物をするタイ族のおばさん。



361_1024


 

メインストリートが1本あるだけの辺境の田舎町だが、スーパーで売られている物は、他の中国の町とあまり変わらない。


362_1024


お惣菜コーナーには、こんな蒸し餃子があり、


360_1024


ビール売り場には、ハルビンビールが並んでいた。雲南省南部には瀾滄江ビール(メコン川ビール)という地元産のビールもあるんだが、あまり美味しくないので、この町でも、もっぱらハルビンビールを飲んでいた。雲南北部で出回っている大理ビールは美味しいんだが、瀾滄江ビールがイマイチなのは、水があまり美味しくないからかな。

そのモンラーからバスで数時間走ると、磨憨 (Móhān、モーハン)という、これまたチンケな国境の町があり、国境を越えるとラオスである。


280_1024


ラオス北部の町ルアンナムターのナイトマーケットで店番をする女の子。手前の網の上に並んでいるのは焼きバナナである。 商売気のないラオスでは、とりあえず品物を並べるだけで、客引きや呼び込みの声は掛からない。



052_1024_3



こちらは、タイ北部ビルマ国境の町メーサイの焼きバナナ屋台。ちょうど雨が降ってきて、おばさんも慌てているようだ。

このように、東南アジアではよく見る焼きバナナだが、バナナを加熱すると、甘味が増して美味しい。雲南は、中国屈指のバナナの産地だが、雲南北部でも南部でも、焼きバナナを売っているのを見かけたことはない。もちろん、探せばあるのかもしれないが、雲南人の知り合いに焼きバナナの写真を見せると驚いていたくらいだから、一般的に中国ではバナナを加熱して食べる習慣はないようだ。 

毛沢山さんのブログには、バナナを皮ごとバーナーであぶった中国風の焼きバナナが登場するが、マグロや牛肉はともかく、バナナを皮ごとあぶっても、皮が焦げるだけで、果実そのものには熱は通らないだろう。東南アジアではバナナを焼いて食うらしいから、とりあえずバーナーであぶっとけばええやろ、目の前でパフォーマンスをすれば客も喜びよるし、って発想がいかにも中国人的だな。

 







Joey Tempest - Elsewhere

Spreading the Disease(モンラー市場探検2)

市場の奥で窝窝头を売るおっちゃん。



330_1024


 

以前にも紹介したことがあるが、

http://hanyukezhan.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-845a.html

窝窝头とは、トウモロコシやコーリャンの粉で作った蒸しパンのようなもので、中国ではよく見かける主食である。マントウを思い浮かべてもらえればいいが、主食なので、それ自体がそんなにうまいものではない。



331_1024


 
クルミに似た何かの木の実。中国人は、この手の食べ物が大好き。お前ら、リスかよ。



332_1024



清潔感あふれる精肉売場。日本の保健所のお役人が見たら失神するかもしれんな。モンラーは、高地で涼しい昆明や大理とは違い、低地なので30℃を超える暑さなのだが、冷蔵庫など使わない。当然のことながら、ハエも大喜びで飛んでいるよ。



333_1024

 

ヒマワリの種や落花生は、中国の市場ではどこでも見かけるよね。



335_1024



雑貨や生活用品の店。どれもこれも、すぐに壊れるように設計するのが中国流。右肩上がりの中国経済は、そうやって循環し続ける。中国製品に比べりゃ、ソニータイマーなんて可愛いものだよ。


 
336_1024



怪しげな漢方薬屋。 病気が治る前に死にそうな気がするな。



329_1024



市場のペット売り場。偉大なる中国共産党の指導の下、人民の生活水準も劇的に向上し、ペットを買う人も増えてきたようだ。

最近は、鳥インフル対策のため、市場で生きた鳥は売っていないらしいが、人民は、生きた鳥を買ってきて、自分でつぶして食べるのが大好き。私も、農家にお世話になった際に、何度となくニワトリやブタやヒツジをつぶしてご馳走してもらったが、たしかに、新鮮な肉はうまいんだよね。

途上国はどこでもそうだろうけど、中国は、家畜や家禽と人間との距離がとくに近い。しかも、正直言って、衛生観念が乏しいので、鳥インフルやSARSなどの伝染病が流行しやすい環境にある。

鳥インフルの感染者や死亡者も、どれだけ少なく見積もっても、たぶん公式発表の10倍以上はいるだろうけど、人の命が安い国なので没問題。とにかく、自分が可愛いなら、中国では犬や猫、家畜等には近寄らないことだ。

で、そのペットショップの横では、




334_1024



ドナルドダックのぬいぐるみが。使用前使用後ってことなんだろうけど、何とも分かりやすい国だな。 
 




 

Queensryche - Spreading the Disease




I'm Gonna Crawl (モンラー市場探検1)

中国ラオス国境近くの小さな町勐腊(モンラー)。よほどの物好きしか行かないような超どマイナーな町にも、人民の生活がある。そのモンラーの中心部にある勐腊县口岸市场。



322_1024

 

昼すぎだったからか、買い物に来る人民の姿もまばらで、活気はあまりなかった。

 

323_1024



地べたにシートを1枚敷いただけのシンプルで清潔な店舗が並ぶ。



324_1024

 


貧相な肉体を惜しげもなくさらしている店番のアニキも、やる気全くなし。このお兄ちゃん、何か、目が完全に死んどるのう。田舎は退屈なんだろうな。大通りが1本しかないモンラーに比べりゃ、無錫あたりの江南の地方都市も、目もくらむような大都会なんだろうね。

 


325_1024




この洗面器に入っている、得体の知れない白い物体は、一体何だろうね? この町は、街路樹が椰子なんだが、ココナツの実じゃなさそうだしな。

   

 

326_1024

 


ポロシャツ、太鼓腹、スラックスという典型的な中国オヤジと青い民族衣装を着たタイ族のおばちゃん。モンラーは、タイ族の多い町だが、雲南の他の町と同じく、民族衣装を着るのはおばちゃんだけで、若者は洋服を着ている。外地からやってきた漢族の商売人や観光ガイドは、観光用のわざとらしい民族衣装を着ているが。

アホな人民を洗脳して共産党の悪行をごまかすための捏造反日ドラマ抗日愛国ドラマで残虐非道の限りを尽くす小日本を演じるのも漢族の俳優だし、北京五輪の開幕式で少数民族を演じるのも漢族なんだから、この国では、民族衣装さえ着ていれば、中身はどうだっていいんだろうね。

 

327_1024

 

このおばおねえさんも、タイ族なのかな?  やっぱり、漢族とは顔立ちも雰囲気も違うよね。隣を歩いているおっさんの迷彩ベストがええ感じやね。


328_1024

 


やっぱり暇そうな、燻製屋のおばおねえさん。中国人は、漢族や少数民族を問わず、やたら老けて見える人が多いので、案外若いのかもしれんな。








 

I'm Gonna Crawl - Led Zeppelin


Street of Dreams(辺境のミニスカ天国)

毎日暑いですね。犬HKのアナウンサーは、このクソ暑いのに、スーツにネクタイ姿で節電しろと説教しやがるし、朝鮮インチキ賭博パチ屋は大量の電気を浪費しながら、堂々と営業しております。もうすぐ高校野球も始まりますが、35度を超える炎天下で野球など、どう考えても狂気の沙汰である。普通に考えて、健康に悪いだろ。チョウニチ新聞と犬HKと高野連が、寄ってたかって前途ある若者を食い物にしているのだから、全くひどい話だな。私、野球という競技自体は嫌いではないし、一生懸命がんばっている選手は応援したいが、高校野球は大嫌いである。

 

さて、中国とラオスの国境近くの町モンラーのメインストリート、勐腊正街で定点観察。

場所はこの辺。

 

大きな地図で見る

 

スラっとした脚にミニスカと赤いチャンネルシャネルのバッグがよく似合うおねいさん。

 

344_1024  

 

私はロングスカートフェチなので、ミニスカはあまり好きじゃないんだが(これホント)、スタイルがいいと見せびらかしたくなるのが女ゴコロというものなのか? その割には、じろじろ見つめると変態扱いされそうなんだが…。露出度の高い服を着ている女の人って、見られたいのか見られたくないのか、一体どっちなんだろうね?

 

355_1024

 

こんな田舎町にもやっぱりあります、中国名物KTV。あくまでも、後学のために、夜になってから偵察に出かけたが、エロお父さんが喜びそうな店ではなく、地元の若もんが集まって下手クソなカラオケの轟音を垂れ流していた。わたしゃ、カラオケの何が楽しいのか全く理解できんが、それくらいしか娯楽がないんだろうな。

 

356_1024

 

こっちは若干いかがわしい店のようだ。近くに解放軍の駐屯地があり、偉大なる中国の平和を守る兵隊さんが夜の射撃訓練に突撃し、「イー、アル、サン、アイヤー!」と景気良く玉砕するらしい、ってのは中国様の発展に嫉妬する小日本の妄言である。軍関係の招待所のすぐ近くにあったので、軍がサイドビジネスとして経営している可能性もあるな。中国ではよくある話である。 ちなみに、軍関係の店は、泣く子も黙る中国公安もノータッチなので、安心して遊べるよ。 

 

357_1024  

 

ちょっとぽっちゃり系ミニスカギャル。つか、ガキ、邪魔やねん。

 

358_1024_2

 

南国らしく、女の子はミニスカがデフォ。右側の子は、日本人好みの顔立ちかな。左側の子は、やっぱりパチもんの赤色シャネルを持っているが、流行ってんのか?

 

359_1024

 

チョイおばおねいさんも、やっぱりミニスカ。顔立ちからすると、タイ族かな? 個人的には、今風のミニスカより、民族衣装のロングスカートの方が好きなんだけどね。

モンラーは、何の変哲もない中国のど田舎町だったが、女の子のミニスカ率が異常に高くて、華やかな雰囲気でござんした。

 

 

 

Rainbow - Street Of Dreams

 

Kamikaze(勐腊→普洱バスの旅4)

バスの行く手をふさぐ水牛の群れ。

 

383_1024

 

水牛をムチでしばいているのは農民のおっさんだが、その後ろにいるヘルメット姿の男は何者だろうな? 腰に何か物騒なものをぶら下げているし。

 

386_1024

 

バスはバナナ畑の中を突っ走る。

 

387_1024

 

隣の席は、行儀の悪いサル顔のジジイ。国民から無理やりふんだくった視聴料を景気良くばらまいて、キムチ臭い捏造ドラマを流し続ける犬HKNHKの「テレビで中国語」に出ている段文凝ちゃんみたいな美女が隣の席に座ってくれたら何も言うことはないのだが、人生うまくいかないものだ。 

 

390_1024

 

窓の外は一面のバナナ畑。なかなか壮観な光景である。やっぱり、どう見ても中国の景色じゃないな。比較的快適な道路を数時間走った後、

 

392_1024

 

バスは普洱の町に到着した。プーアル茶の産地として名前だけは比較的有名だが、中国南部のどこにでもありそうな、何の変哲もない地方都市である。観光地でもなければ、何かこれといった産業があるわけでもない(例によって、エロ床屋とか大人のおもちゃ屋だけは繁盛しているんだが…、エロ産業だけは、人がいる限り必ず需要があるんだろうな。良い悪いは別にして、中国っつーか、人間なんてそんなもんだ)。日本人は、よほどの物好き以外は、まあ、あんまり来ないだろうな。

 

393_1024

 

バスは、町の南にあるバスターミナルに到着し、勐腊→普洱バスの旅も無事終了。バスを乗り換えるため、タクで5分ほどの思茅汽车客运站へ。 

 

大きな地図で見る

 

地元民は、「五一站」と呼んでいたが、五一路にあるから五一站ってことなのだろう。そのまんまやな。 

 

 

 

Vandenberg - Kamikaze   

 

Hard Driver(勐腊→普洱バスの旅3)

モンラーの町を出ると、熱帯雨林を切り開いて手抜き突貫工事で建設した高速道路が続く。

 

374_1024

 

車窓の風景は、中国というより、どう見ても東南アジアだな。

 

376_1024

 

このあたり、野生のゾウが生息していて、ゾウが少数民族の村を襲撃したというニュースが伝えられることもある。高速道路上にも野生象出没注意の標識があった。出没注意といわれても、ゾウが出てきたらどうしようもないと思うんだが、そこはやはり、4000年の歴史で何とかするんだろうか? 

 

378_1024

 

ニーハオトイレ休憩で立ち寄った小さな町。街中にヤシの木やバナナの樹が普通に生えているんだが、オート三輪車の荷台で仁王立ちするのは全国共通のようだ。

 

379_1024

 

売店には、見慣れない巨大な果物が並んでいる。

 

381_1024

 

青い民族衣装を着ているのは、タイ族のババアおばさん。こんな辺境の田舎町でも、若い女の子は民族衣装を着なくなっている。そりゃ、洋服の方が何かと便利だもんなあ。モンラーで泊まった汚い宿のフロントにもタイ族の若い女の子がいたが、イマドキの洋服姿だった。公金を横領しまくって、海外に不正蓄財し、チョーやばくなったら、速攻で一族郎党を引き連れて中国からトンズラするお役人や共産党幹部のようなお大尽が泊まるような高級ホテルだと、観光用の民族衣装を着てるんだけどね。

 

382_1024

 

ミニバスの車窓からゆで卵の殻やタバコの空き箱を投げ捨てる偉大なる中国人様。中国では、玄関を一歩出れば、そこは全てゴミ箱。不法占拠しているチベットや東トルキスタン、南モンゴル等を除いても、国土はムダに広いのに、ほんと、こんなところだけは見事に全国共通だな。  

 

 

 

Badlands - Hard Driver

 

Coma(勐腊→普洱バスの旅2)

出発前に近くの食堂で朝メシ。

 

367_1024

 

角刈りの中国オヤジ老板が適当に作ってくれる。ぶっきらぼうだが、親切なおっさんだった。ニーハオトイレに逝った後も、手は洗ってそうにないけど。雲南では、米線(ビーフンみたいな米の麺)を食うことが多いが、南部に来ると、北部の大理あたりとは米線の種類がビミョーに異なる。

 

368_1024

 

きしめんによく似た麺を選んで注文する。ミンチ肉の乗ったこれが基本形。あとは、ラー油、人毛醤油、ネギやニラ、辛すぎて食えねえトウガラシといったトッピングをセルフサービスで。日本にいると、朝メシはもっぱらパンだが、中国だとやっぱり麺だな。たしか、1杯3~4元くらいだったかな。 

 

369_1024

 

プーアルまでは、海格の割と新しいバスだった。海格は、蘇州にあるバスメーカーらしいが、

 

http://www.higer.com.cn/index/ 

 

安全性はともかく、乗り心地は悪くなかった。

 

370_1024

 

こっちは、ラオスのウドムサイ行き国際バス。モンラーは、中国からラオスに抜ける陸路の拠点なので、国際バスが多数走っているんだが、ほとんどが日本ではまず見かけないボロバスである。途上国のボーダーってのは、こんなもんだろうな。

 

371_1024

 

ラオス国境近くから、広西チワン族自治区の南寧や桂林を経由し、遥か彼方の湖南省衡陽、祁陽(どこやねん、それ?)まで走るドレイ船兼走る棺桶寝台バス。たぶん、2泊3日以上はかかるだろうな。 

 

372_1024

 

バスターミナルで見かけた、やたらスタイルのいいきれいなおねいさん。中国も、官製不動産バブル経済成長に伴い、デブふくよかなお方が増える一方だが、これだけのスタイルを維持するのは大変だろうな。デブの女の人って、太っているのをごまかすためか、ロングヘアを束ねずにダラっと垂らして、ダボッとした服を着ていることが多いけど、暑苦しくて余計太って見えるからやめた方がいいんじゃないかな? 弥縫策を弄するより、大人しくダイエットした方がいいような気がするんだが…。と、人生の半分以上をデブとして過ごし、デブだブタだと言われ続けた私も思う。

とはいえ、食べるのは楽しいが、何だかんだいっても、女は見た目が大事。お化粧だお洒落だと楽しそうな気もするが、女性は大変ですな。

 

 

 

Guns N' Roses - Coma 

 

Please Don't Leave Me(勐腊→普洱バスの旅1)

中国ラオス国境近くの町、勐腊(モンラー)からプーアル茶で有名な普洱(プーアル)までの走る棺桶冥土の旅バスの旅を何回かに分けて書いてみたい。

日本でも高速バスの痛ましい事故が起きたばかりなので、中国のことはあまり言えないんだが、中国の高速バスのヤバさは日本の比ではない。定員オーバーのバスが谷底に転落して乗員乗客全員死亡、アホな乗客が持ち込んだ可燃物が爆発して死傷者多数、無理な追い越しで横転して死傷者多数、などは日常茶飯事なので、よほどの大事故でもない限り、いちいちニュースにもならない。関越道の大事故も、中国なら地方ニュースで小さく取り上げられる程度だろう(ま、大事故が起きても、ヤバい証拠は乗客を車両ごと生き埋めにしてナイナイしてしまえば、文字通り死人に口なし、中国的には没問題なんだが…。たぶん、あの国の土の中には色々とヤバいものが埋められているんだろうなあ。知らぬが仏とは、まさにあの国のためにある言葉だな)

 

366_1024

 

早朝のモンラーバスターミナル。

 

毛沢山さんのブログにもよく出てくるが、この国では、肥料袋が全国共通の旅行かばんなのである。中味は、2万%以上の確率で、ヒマワリの種や鶏卵など、どうでもいい物か危険物である。何であんな物を必死で運ぼうとするのか。人民の思考回路は、やっぱり理解できない。

しょーもない写真は一杯あるし、色々書きたいこともあるんだが、1週間に1度くらいのペースでチンタラ更新する予定なので、いつ終わるか自分にも分かりません。

ヒマで死にそうなときにでも、更新をチェックしていだたけると幸いです(一度しかない短い人生の貴重な時間は、こんな有害ブログなど見ずに、もっと有意義にお使いになった方がいいのではないか、と他人事ながら心配してしまう今日この頃ですが)。 

 

 

 

John Sykes - Please Don't Leave Me 

 

Mama I'm Coming Home(ド田舎の最新ヘアスタイル)

私が初めて中国の地を踏んだのは、天安門事件の少し前、今を遡ること20年以上前である(一体、いくつやねん、オレ!? 天安門の大虐殺自体は目撃していないが、人民英雄記念碑に人民解放軍の戦車が乗り上げた跡は、この目で見たぞ!)。当時、まだまだ人民服を着ている人も多く、スカートをはいている女性など皆無であった(国営レストランのウェイトレスをやっていた無愛想なクソ女なんかは、仏頂面のくせにチャイナドレスを着ていやがったが)。そんな時代でも、美しさを追い求めるのが女ゴコロというもの。まるで、顔はヤバイよ、ボディよ、ボディ!でお馴染みの三原“馬乗り”じゅん子先生みたいな蜂の巣パーマが流行っていた。何か、70年代のスケ番みたいだったな。

で、月日は流れ、偉大なる領導者ゆすりたかりのコキントー胡錦濤国家主席様&偉大なる中国共産党の賢明なる指導の下、農民や少数民族を搾取し、パチもんを作り続けてとどまることなく右肩上がりの成長を続ける偉大なる中華人民共和国の改革開放経済の恩恵を受け、中国女性も見違えるほどお洒落になった。

 

そんな中国とラオスの国境近くの町、モンラーで流行りの最新ヘアスタイルがこれ。

 

342_1024  

 

20年前と全然変わってへんやんけ!? ああん?

 

いや~、中国の女性もお洒落になったよねホント。

 

何せ、頭数だけは異常に多いので、中国の街を歩いていると、ビビるくらいの美女も見かけるよ。これもホント。

 

 

Mama I'm coming home - Ozzy Osbourne

 

Run like Hell(辺境のお高級ホテル)

違法操業の中国人漁師が属国の姦国韓国の警察官を殺して、またまたお騒がせの東アジア情勢。ノムヒョン時代には反日で結託していた属国と宗主国だが、実はこの両国、非常に仲が悪い。日本ではあまり知られていないが、中国人は韓国人が大嫌いである。中国人の嫌いな外国人ランクで小日本がAランクだとすれば、高麗棒子韓国人はダブルA+くらいじゃないだろうか。理由はいろいろあるんだろうけど、興味がある人は、そこらへんの中国人に聞いてみるといい。

さて、その偉大なる中華人民共和国の雲南省にある、物好きしか行かない町モンラー。そんなモンラーで一番お高級な五つ星ホテル(もちろんウソ)

 

351_1024  

 

その名も、天奕大酒店(名前だけは五つ星だな)

 

321_1024

 

場所はここ。 

 


大きな地図で見る

 

ゴッキーが走り回って清潔感あふれる廊下。

 

350_1024  

 

ホテルのすぐ裏は、ゴミだらけの農貿市場南国の風光明媚な景色。

 

349_1024

 

タバコ&カビ臭い北欧から輸入した調度品が備え付けられ、高級感あふれる客室。

 

318_1024

 

アメニティも充実しており、今度産むも、もちろん無料で使い放題heartこのあたり、ラリパッパと売春婦が非常に多く、中国でも屈指のエイズ感染者多発地帯のため、地方政府が無料でコンドームを配布している。事態はそれだけ深刻なのだろう。

 

319_1024  

 

電話一本で一発100元すれっからし小姐のデリヴァリーサーヴィス、チェンジOKかどうかは不明熟練の按摩師がすぐさま駆けつける。

 

348_1024

 

暑くてビールでも飲まんとやってられんので、ホテルの横にあるきったない雑貨屋で買った部屋の冷蔵庫に備え付けのビール。この瀾滄江ビール、雲南のいろんな町で何度となく飲んだが、まずいもう一つ口に合わない。

 

364_1024

 

ってことで、ハルビンビールに変更。瀾滄江ビールよりちょっくら高いけど、こっちはうまい。

ちなみに、この豪華な部屋、ツインで60元600元の格安価格。部屋のコンセントは全滅、テレビも壊れていて、室内灯は枕元の1つしか点灯しなかった。まあ、安かろう悪かろうってことだ。偉大なる江沢民同志をはじめとして、諸外国の指導者も宿泊した由緒あるホテルである。

強いていい所を挙げるとすれば、フロントのタイ族小姐が可愛くて、まあまあ愛想良かったことくらいかな。暑くて宿を探すパワァがなかったので、適当に決めてしまったが、やっぱり宿探しは手を抜いてはいかん。そんなことを学んだ辺境の一夜であった。

 

 

 

Pink Floyd - Run like Hell

 

 

より以前の記事一覧