フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

上海

上海華晶賓館

3月に上海で泊まったホテルを紹介しておきます。 

上海華晶賓館(上海华晶宾馆)という名前で、住所は、上海市杨浦区长阳路1691号、地下鉄12号線の寧国路駅(宁国路)2番出口から歩いて5分ほどの所にある。
 
中国の予約サイトでは、概ね1泊300元程度なので、物価の高い上海では中級ホテルなのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
上海市北東部の下町だが、外灘まで約6キロ、人民広場まで約7キロ、地下鉄で15分ほどの距離にある。
 
浦東空港からは地下鉄を2回乗り換えて、1時間半弱かかった記憶があるが、まずまず便利なロケーションといえるかな。
 
そんなホテルの外観はこんな感じ。
 
 
 
Dscn0156
 
 
 
百度百科によると、一応、准四つ星ということだが、何となく垢抜けない古ぼけた建物である。
 
 
 
Dscn0173  
 
 
 
ロビーはこんな感じ。
 
 
 
Dscn0174  
 
 
 
ホテルの1階にはファミマが入っている。
 
 
 
Dscn0158  
 
 
 
大通りを挟んで向かいには、欧尚という巨大なスーパーがある。
 
 
 
Dscn0049
 
 
 
品揃えも豊富だし、安いので、上海滞在中は何度も通った。
 
 
 
Dscn0045
 
 
 
部屋はそれなりだが、 
 
 
 
Dscn0046  
 
 
 
必要なものは全部揃っており、冷蔵庫があるのがありがたい。
 
 
 
Dscn0047  
 
 
 
毎日水を置いてくれるし、
 
 
 
Dscn0048  
 
 
 
バス・トイレも古臭いが、一応きちんと掃除はされており、別に不満はない。
 
このホテルは、HISや阪急交通社の上海格安ツアーを利用するとかなりの確率で手配されるようで、服務員も日本人の応対には慣れている。
 
日本語は通じないけどね。
 
トリップアドバイザーのレビューを見ると、寝るだけなら十分という感想が多いが、まさにその通りで、安宿や旅社でも平気な私には快適なホテルだった。
 
レビューには、
 
Wi-Fi完備と書いてあって、確かにWi-Fiには接続できたけど、一度もネットを開けないくらいの速度だった。速度ってか、インターネット検索は勿論の事、LINE、Facebook、ショートメールメッセージすら出来ない状態。
 
なんて書いてあるが、GoogleやLINEなどが使えないのはこのホテルのせいではなく、中国はどこでも共通なんだから、中国に来る前に少しくらい調べてこいよ。
 
てゆーか、今の時代、そんなことすら知らずによく海外に行こうなんて気になるものだ。
 
私は、8階の部屋に泊まったが、Wi-Fiは何の問題もなくサクサク通じたよ。
 
否定的なレビューを書いている人もいるけど、たぶん、自分がいたのが偉大なる中華人民共和国だということを全く理解していないのだろう。
 
格安ツアーで使う中級ホテルに日本と同じサービスやクオリティを求めるのが土台無理というもの。
 
旅先でも日本と同じような待遇を受けたいのなら、外資系の超高級ホテルにでも泊まりましょう。
 
ちなみに、バイキングの朝食は、お世辞にもおいしいとはいえないが、タダだし、野菜や果物が食べられるので、ありがたくいただいたよ。
 
 
 
Dscn0068  
 
 
 
朝食の際、周囲から聞こえてきたのはほとんどが日本語で、宿泊客は日本人がメインのようだ。
 
20代くらいの若者が、グループやカップルで上海ディズニーに遊びに行くみたいだった。 
 
ホテルの前の通りを東に5分ほど歩くと、小さな市場があるし、周辺には地元民向けの飲食店も結構ある。
 
小ぎれいな格好をして、スーツケースを転がしてインスタのネタを探しに行くようなスイーツ()お上品なお方はやめた方が無難だが、ある程度旅慣れている人なら、何の問題もなく快適に過ごせるいいホテルだと思う。
 
機会があれば、また泊まってみたいね。 
 
なお、日本から予約し、料金は決済済みでも、保証金として200元または日本円で3000円を要求されるので、宿泊を予定している人は注意して欲しい。
 
押金(保証金)の制度は、人間不信の中国では当たり前なんだが、通常は宿泊代金と同額か2倍程度を要求される。
 
やっぱり、ホテルの備品は何でもかんでも持ち帰り、日本では便座を持ち帰ろうとしてニュースにもなった某巨大独裁国家の人民とは異なり、日本人には信用があるんだろうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Six Degrees of Inner Turbulence(久々の上海空港)

上海の地下鉄で追突事故が起きて、日本人を含む多数の負傷者が出たらしい。不幸中の幸いで、亡くなられた方はいないようだが、あの国のことなので、どうも信用できない。あれだけの大事故で死者が出ていないのは、どうも不自然なんだが…(誤解のないように言っておくが、死者が出た方がいいなんて全く思ってないよ)。上海の地下鉄は私もよく乗った。渋滞がひどい上海では、地下鉄は非常に便利なのだが、追突事故なんて普通ありえんだろ。事故後、わずか4時間で運行を再開したのも、我々の常識では考えられない。とにかく、あの国の交通機関を利用するのは、基本的に全て命がけだな。

 

その上海の空の玄関口である浦東空港に着陸しようとしている中国東方航空。

 

014_1024  

 

私が経験した限り、中国の飛行機の離着陸は、非常にスムースである。パイロットが空軍上がりなので、腕はいいという噂を聞いたことがあるが、本当かどうかは知らん。

 

015_1024

 

基地外拉致国家の飛行機が普通に駐機しているのが、中国ならではの風景だな。

 

018_1024

 

私、昔、北京から丹東まで夜行列車で行ったとき、首領様バッジをつけた基地外国家の屈強な男4人組と乗り合わせたことがある。日本人と分かると何をされるか分からんので、ずっと黙って寝ていたが、下手すりゃ、今ごろ平壌で招待所暮らしをしていたのかもしれん。

 

それはさておき、国際線とは思えないチンケな飛行機だが、

 

019_1024

 

フライト自体は、まあまあ快適だった(サービスは相変わらず中国流だったが…)。

 

浦東空港のターミナルビルの中にあったファミリーマート。

 

020_1024

 

上海に限らず、中国の空港は、物価が異常に高い。街中の10倍くらい平気でふんだくるので、買い物や飲食をすることはほとんどないが、ここのファミリーマートは市内の店と変わらない値段だった。トランジットの時間が4時間ほどあったし、空港から出られなかったので、ここで食料を調達する。

ご覧のとおり、パンやおにぎりを買う中国人客が多く、店は繁盛していた。お金持ちの中国人も、ぼったくり飲食店を利用するのは嫌なんだろうね。惜しむらくは、ビールが置いてなかったこと。スカスカの中国産サントリービールを久々に飲みたかった。残念。