フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

珠海

Draw The Line(日中友好出入境始末記)

朝からうだるような暑さの珠海の街並み。



290_1024

 
 

ラオスやタイの暑さと比べると、気温や湿度はそんなに変わらないはずだが、より不快に感じるのは空気が悪いからだろうな。

 

291_1024

 

ど田舎の雲南と比べると、道行く人民も垢抜けているが、耳に飛び込んでくる広東語はさっぱり分からん。

 

292_1024

 
 

現地在住者や華南を旅する人にはお馴染みのマカオとのボーダー。 香港とのボーダーはもっと大きいし、中国とラオスの国境には、無駄に高圧的な建物があるんだが、ここは、割と地味な建物だね。でも、この国のことだから、そのうち悪趣味なハリボテに建て替える可能性大。

 

294_1024

 

中国側の出境審査。長蛇の列だったが、比較的スムースに人が流れていた記憶がある。

 

296_1024




マカオ側の入境審査。朝の8時30分でこの列である。やはり、入境の方が審査が厳しいらしく、30分ほどかかった。私が持っていた日本国の赤いパスポートを見た後ろの2人連れの中国人が、


「アイヤー! 小日本アル。余計な時間かかるアルよ。チョーマジでダルいアルよ」



と、小日本は中国語が理解できないと思って、好き放題ぬかしてやがったので、



「ふ~ん、日本人はそんなに時間かかるの?」



と、嫌味ったらしく言ってやったら、バツが悪そうに苦笑いしてやがった。私は、ゴリゴリの日中友好原理主義者なので、



「あのなあ、お前らのゴミみたいなパスポートと違って、日本国のパスポートは世界最強やねんぞ! そんなことも知らんのか、この田舎もん!」


と、本当のことは言わないでおいた。やっぱり、いい奴だよなオレ。はたして、私の順番が回ってくると、マカオの入境審査も、所要時間1分ほどで終了。ちなみに、他の国での入国審査では、中国人は揉め事を起こすことが多いので、極力中国人の後ろには並ばないようにしている。
 
 

 
297_1024

 

中国人との心暖まるふれあいを経て、エロと博打の街マカオにいざ入境。今では同じ国とはいえ、ボーダーを一歩越えると、風景がガラッと変わるよね。









 
Aerosmith - Draw The Line 

 


冷氣開放

珠海に着いたのは、夜の11時近くだったし、1人だったので、桂林米粉の店に入って、遅い夕食。

 

274_1024

 

マカオや香港に近いからか、冷気開放の文字も繁体字である。

 

275_1024  

 

でも、メニューは簡体字。このへんのアバウトさが、いかにも中国らしい。 

 

276_1024

 

たしか、三鮮米粉を頼んだと思うのだが、あまりうまくはなかった。桂林米粉ってのは、要するに、太めのビーフンのことで、桂林名物だが、中国の他の町でもよく見かける。

 

068_1024

 

これは、桂林を出る前に入った「栄善米粉」という名の米粉屋さん。ここの米粉は、かなりうまかった。1杯2.5元ほどで、安い。珠海で食った米粉は、その倍以上したし、しかもマズかった。桂林名物は桂林で食えってことなんだろう。

桂林の町を歩くと、いたる所に米粉屋があり、朝から晩まで地元民でにぎわっている。どの店で食べても、まずハズレはない。何か、こんなこと書いてたら、桂林に行って、米粉食いたくなってきたな。

 

珠海の安全地帯

華南のエロタウン珠海で私が泊まったのは、蓮花路という通りだったらしい。日本に帰ってから調べてみると、エロタウン珠海でも屈指の歓楽街とのこと。道理で鶏さんが多いわけだ。

その蓮花路で適当に探して泊まった宿、拱北鸿兴商务酒店。

 

272_1024 273_1024

 

たしか、1泊150元ほどだったか。物価の安い雲南と違って、沿岸部の珠海は宿代も高い。最近改装したばかりで、なかなか快適な部屋ではあった。服務員の態度もまあまあ。着いたのが遅かったからか、珠海でのご乱行で有名な某キ○◯ン株式会社の駐在員様が鶏さんを全て押さえてしまったからか、不純異性交遊の勧誘電話はかかってこなかった。

 

そんな珠海の生暖かい夜明け。

 

285_1024

 

朝からクソ暑い。お天道様もスモッグでかすんでいる。

 

朝の蓮花路。

 

288_1024

 

夜になると鶏さんやポン引き、サギ師、その他有象無象でにぎやかなこの通りも、早朝はさすがに静かである。通りはゴミだらけだが、日本と違って、なぜかカラスの姿は見かけない。空を飛ぶ物は飛行機以外はすべて食う国だから、やっぱり、中国人様に食われてしもたんか?

 

蓮花路にあった「安全地帯 成人用品」。

 

286_1024

 

安全とは無縁のこの国で安全地帯とは、これいかに?

 

287_1024

 

さすがのエロ大国でも、早朝から成人用品を買いに来る奴はいないらしく、安全地帯も閉まってました。

 

夜の珠海

夜の珠海といっても、

 

「珠海 小姐 写真」「珠海 エロ」

 

なんかをキーワードに検索して、このブログにたどり着いた人が期待するようなエロ画像は出てきません。あしからず。

 

珠海で飲んだ海珠ビール。

 

283_1024

 

何で珠海ビールじゃなくて海珠ビールなのかよく分からんが、まあ結構うまかった。

 

謎の日本料理ラウンジ「伝説」のそばにあったたこ焼き屋。

 

280_1024

 

閉店間際だったので、味の方はチェックしていません。まあ、中国で見かけるたこ焼きは、ほぼ例外なく油どぼどぼのたこ揚げ状態なので、間違いなく不味い日本人の口には合わんでしょうが。大体、真夏のクソ暑い珠海でたこ焼きなんざ食う気はしません。

 

マカオとのボーダー。

 

281_1024  

 

珠海からマカオまでは、歩いて入境でき、ここのボーダーも昼間は中国人でごった返しているが、夜になると、人気もなく静かである。っていうか、人だけは無駄に多い人ならいくらでもいるんだから、ボーダーくらい一晩中開けとけよ。

夜の珠海は、ほんと鶏さんと宿の客引きしかいませんでした。しかも、夜になっても、異常に蒸し暑い。華南独特のねっちょりした湿気+環境対策一切お構いなしの工場からガンガン出てくるスモッグで空気最悪。私のような小日本がこの町に住んだら、まず間違いなく早死にするでしょう。現地の中国人は、耐性ができてそうだから、あんな劣悪な環境でも長生きするんだろうな。

そんな珠海の印象は、

1、暑い

2、鶏だらけ

3、空気悪い

ってとこですが(この国の他の町の印象と大して変わらんか?)、よく考えたら、私、珠海出身の小姐に知り合いがおったんや。その人の前では、こんなこと口が裂けても言えんな。

いや、まあ、私が知らんだけで、珠海は、案外いい所かもしれませんです(もう遅いって?)。

 

日本料理「伝説」

話は、いきなり広東省珠海に飛ぶ。

珠海といえば、7年前の2003年に、日本人が集団買春事件を起こしたことで私のような中国おたくのみに知られる町である。ま、別にインターポールから指名手配されている買春男の擁護をするつもりはないが、珠海では売春が一大産業として地域経済を支えており、週末になると物価の高いマカオや香港から、中華エロ男がボーダーを越えて大挙して押し寄せる。あの事件自体は、その当時ギクシャクしていた日中関係の下で、中国政府による政治的な意趣返しにしか過ぎないだろう。珠海のようなエロタウンで売買春を禁止してしまうと、街中に失業者があふれかえり(今でも、野鶏さんはあふれているけど)、反政府暴動につながりかねないので、中国政府が売買春を本気で取り締まるつもりなどこれっぽっちもないからである。

この町で私が泊まっていた何とかという通り(追記:「蓮花路」という名前のようだ)にも、野鶏さんが群れをなしており、私のような中国おたくの小日本にも、「老板、要不要按摩?」と声をかけてくる。わしゃ、丸一日移動してきて、長旅で疲れてるのに、うるさいねん。

オマエら、それしか頭にないんか?

まったく、どいつもこいつも、スケベなことしか考えてへんから、一人っ子政策しても人口が増え続けるねん!

うるさいからあっち行け!

しっし(#`Д´)

と言っても、野鶏さんはひっきりなしに近づいてくる。

中国どの町でもありふれた光景ではあるが、この町の野鶏さんはとくにしつこかったな。

で、そのエロタウン珠海にあった日本料理「伝説」。

 

277_1024

 

一体、何が伝説なのかよく分からんが、この怪しげな外観からすると、その類の店なんだろう。珠海の郊外に進出している電機メーカーの駐在さんあたりがお世話になってるんだろうな。いい大人が自分のお金で何をしようが自由ではあるが、何せ相手は世界一難儀な国なので、駐在さん、遊ぶならあまり目立たないようにね。

2003年に、共産党に洗脳された義憤に燃えた愛国青年たちが「打倒小日本!」と叫んでいた珠海の町の現実はこんなもんです。