フォト
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

プーケット

Disappear(タイで溺れる中国人)

 
 
 (抜粋)タイでは最近、外国人観光客が海で溺れる事故が多発している。タイ観光スポーツ省によると、今年1月1日から6月6日までにタイの海で溺れた外国人は366人に上り、うち163人が死亡している。国籍別では中国が最多の73人。以下、ロシア51人、英国31人、インド26人、ドイツ24人と続いているそうだ。
 
 
 
相変わらず日本旅行がブームの中国だが、東南アジアのタイも人気の目的地で、多くの中国人観光客が訪れ、怒号と喧騒とゴミと痰をまき散らしてヒンシュクを買っている。
 
私も、バンコクやチェンマイ、プーケットなどで中国人団体客の大群を見かけたが、とにかく騒々しかった。
 
 
 
 
 
199_2  
 
 
 
 
そんなタイでもとりわけ中国人に大人気なのが、アンダマン海の真珠プーケット。
 
中国とは違い、空も海も青い。
 
そりゃ、中国人に人気が出るよね。 
 
 
 
 
198_2
 
 
 
 
そんなプーケットのビーチで観光用のボートに乗り込む偉大なる中国人団体客。
 
写真では音まで伝わらないのが残念だが、とにかくうるさい。
 
数十メートル離れていても、甲高い中国語の爆音が響いてくる。
 
あんなにでかい声で話さなくても、十分聞こえるはずだが、中国人はみんな難聴なんか?
 
まあ、あの中国人が、海外に出たからといって途端に静かになるはずもないが。 
 
 
 
 
197_2
 
 
 
 
しかし、きれいな海も危険が一杯である。
 
人間様も、大自然の前では無力である。
 
中国人も好き好んで溺れる訳ではないだろうが、わざわざプーケットまで来て中国人が溺れるのは、二つの原因があるような気がする。
 
一つは、一般的に中国人は泳ぐのが得意ではないという能力的な原因である。
 
日本では、小学校から必ず水泳の授業があり、全く泳げないという人はそう多くはないだろう。
 
最近は、学校で着衣水泳を教えているらしく、水の危険を身をもって理解している人も多いだろう。
 
しかし、中国では、プールのある学校はまだまだ少ない。
 
また、川や海は、汚くてとても泳げたものではない。
 
泳ぎを覚える前に病気になって死にそうだしな。
 
私の知り合いの中国人にも、泳げる人はほとんどいない。
 
日本には学校にプールがあり、体育の授業で水泳を習うから、ほとんどの人が泳げるよ、と言ったら、結構驚かれたものだ。
 
泳げないのに、無理に泳ごうとすればそりゃ溺れるわな。
 
そして、もう一つは、外国人を見下すという中国人の思想的な原因である。
 
中華思想の持ち主である中国人にとって、外国人は、東夷西戎南蛮北狄のケモノである。
 
その中でも東南アジアには遅れた国というイメージがあり、東南アジアの人々をものすごく見下している。
 
プーケットの海を一番良く知るのは、地元のガイドや案内人である。
 
彼らの言うことに大人しく従えば、危険な目に遭うことはそんなにないはずだが、偉大なる中国人様が貧しくて遅れた国の「蛮族」のアドバイスなど聞き入れるはずもない。
 
果たして、ろくに泳げもしないのに、異国の海で無理に泳ごうとし、紺碧のアンダマン海でドザエモンが大量発生してしまう。
 
もちろん、自業自得とはいえ、亡くなった本人が一番気の毒だが、地元のタイ人にしてもはた迷惑な話である。
 
私も、タイで何回か泳いだが、どこで泳ぐのが安全か地元の人に聞いた上で、決して無理はしなかった。
 
南国の海で泳ぐのは非常に気分のいいものだが、ドザエモンになるのは嫌だからね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dream Theater - Disappear 
 

China White(プーケットタウンの中国寺院)

世界的な観光地であるタイのプーケットは、半島のような島になっている。面積は、淡路島とほぼ同じで、バスでプーケット島に入ると、中心地のプーケットタウンまで1時間ほど走った記憶がある。








プーケットを訪れる観光客のほとんどは、プーケット各地に点在するビーチリゾートに泊まり、紺碧の海で泳ぎ、シーフードに舌鼓を打ったり、葉っぱでラリったり、不純異性交遊に勤しんだりするわけだが、私は、騒々しいビーチはパスして、プーケットの行政や経済の中心地であるプーケットタウンに宿を取った。


204_1024  



 

プーケットは、古くから錫や東西交易の要衝として栄え、プーケットタウンには、このようにコロニアル風の建築が並んでいる。



203_1024


リゾートには興味がなく、街歩きが大好きな私には、ポイントの高い街並みだ。


173_1024


私が泊まった安宿も、そんな旧市街の一角にある。スタッフの女の子はタイ語と英語しか通じなかったが、華人のオーナーには中国語が通じた。


205_1024


すぐ近くには日本料理屋もあるが、あまり賑わっている様子ではなかった。店先でメニューを眺めていると、店内から声を掛けられたが、暇なんだろうな。決して安くはない値段設定だったが、地方都市のプーケットで、一体どんな層をターゲットにしているんだろう?


206_1024


タイの多くの町がそうであるように、プーケットタウンにも立派な中国寺院がある。定光堂という名前で、寺のフェイスブックを見ると、祭りの際には現地の華人でにぎわうようだ。


208_1024


境内はきれいに整備されており、壁に刻まれた寄付者名簿には多くの華人の名前が並んでいた。拝金教の中国人も、海外で暮らすと信心深くなるのかね?


207_1024


寺の入口付近では、華人のジジイが水を撒いていた。暑いとすぐに上半身裸になるのは、大陸の中国人もタイの華人も共通するようだ。生まれや育ちが違っても、彼らの中華DNAには、上半身裸という情報がしっかりインプットされているんだろう。

寺の中に何人かいた華人と少し話してみたが、比較的なまりの少ない中国語が返ってきた。福建や広東がルーツの人が多いはずだが、普通話・國語は、華人社会の共通語としてしっかり学んでいるんだろうね。











Scorpions - China White


The Heart Of Summer(中国人観光客の夏)

少しマシにはなりましたが、暑いですね。



夏といえば海。



177_1024

 

白い雲に青い海。

 

185_1024  

 

いや~、絶景っすね。

ってな駄文を弄しても、俺様的にはあんまり面白くないので、

 

178_1024

 

そんな絶景ポイントに観光バスで乗り付け、大量にやってくる中国人観光客。ほんま、うるさいんだな、この人たち。お前ら、何でそんなに声でかいねん?

ま、さすがに富裕層だけあって、痰吐きやゴミ捨てをしていなかっただけ、人民の中ではまだお上品な部類に入るのだろう。

 

181_1024



立入禁止の柵を乗り越えて記念撮影をする偉大なる中国人観光客様。ここ、断崖絶壁の上にものすごく風が強いから、落ちたら間違いなくあの世行き。悪いことはいわんが、マナー云々以前に、自分が可愛いならやめた方がいいよ。



180_1024



なぜか木に登って記念撮影をしようとする中国人観光客。愛国心があるなら、中国の恥をさらすのはやめましょうね(元々、愛国心なんてこれっぽっちもないから、平気でこんなことをするんだが…。中国人の考える「愛国心」は、ただの排外主義や覇権主義、民族主義と同義だからしゃーないか)。猿やないねんから、猿や。



187_1024



なんかものすごい衣装を身に着けて写真撮影をする中国人観光客。千の顔を持つ男ミル・マスカラスが、こんなコスチュームで入場してきたよね。一体、どこで売ってんねん、そんな服? 



188_1024



お得意のデルモポーズで写真に映る中華ババア中国の貴婦人。この場所に大量にやって来た中国人は、女性が多かったのだが、色が白くて、脚がスラっとして長く、きれいな人が多かったよ。と、少しは褒めておこう。

これで、声が小さくて、品が良くて、異常なまでに喜怒哀楽が激しくなくて、「腐れマ●コ」とか、およそ女性が使うとは思えない下品な言葉を口にしたりせず、平気で人を騙したり、街角で殴り合いの喧嘩をしたり、すぐにカネカネカネと言ったりしなかったら、言うことはないんだけどなあ。

私、絶景は5分で飽きて、しばらく人民観察をしていました。そんな人民に、中国語や英語で、 シャッターを押してくださいとお願いしたら、みんな気さくに応じてくれました。でも、英語でお願いすると、なぜか気取って対応してくれる、人民の奥ゆかしさが結構ナイスです。

でも、その奥ゆかしさがあるなら、もう少しお行儀良くしろよ!

さて、ここはどこでしょう? 日南海岸や潮岬じゃないよ。




正解は、世界屈指のリゾート地プーケットのプロムテープ岬でした。





大きな地図で見る


 

でも、行ったことのある人ならともかく、写真見てるだけじゃどこか分からんよねえ。

 







Fair Warning - The Heart Of Summer