フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

スラタニー

Never Trust A Stranger(仏教国の朝)

中国語に一人不进庙,二人不看井という俗话(辞書に載るような立派な成語ではなく、生活に根ざしたもっと俗っぽい言い回し)がある。1人で寺に入るな、2人で井戸を覗くな、という意味で、何通りかの解釈があるようだが、人間不信の中国では、お坊さんが信頼の対象ではないのは共通するようだ。

この点、仏教国のタイでは、若干事情が異なるらしい。



022_1024


FOR MONK ONLY とあるように、大きなバスターミナルには僧侶専用の待合所がある(@チェンマイ第2バスターミナル)。中国では、僧侶は優先されないが、駅の窓口なんかでは「军人优先(軍人優先)」の表記をよく見かける。人民はそんな事を全く気にせずに割り込んでいるけど。



655_1024

 

早朝のタイでよく見かける托鉢風景。


737_1024


チェンマイ市内の朝市にて。


261_1024


南部の港町スラタニーの朝市にて。


408_1024


やはり、お坊さんも、お腹は空くようで、屋台でおかゆを食べていたりする。世界遺産の古都アユタヤにて。

見ての通り、タイでは僧侶の地位は高く、タイ人も信心深いようだ。ただ、タイ人が信心深いからといって、タイ人が清く正しく美しいタカラヅカのような存在かというと、決してそうではない。実は、タカラヅカの内情は、清く正しく美しくなんてとても言えたものじゃないらしいけど、人一倍プライドの高い女性が集まる競争社会だから、ドロドロしていていない方がおかしいわな。

タイ人は、普段は穏やかだが、外務省のお役人の作文にも

 

第3 タイ国での犯罪発生状況
1.タイ国の犯罪発生状況
タイ国家警察の「タイ国犯罪統計2010年」によると、殺人事件(未遂含む)の発生件数が8,932件、強盗(傷害を伴う窃盗含む)の発生件数が758件、強姦事件の発生件数が4,255件となっており、日本に比べ数倍から10数倍の発生率です。

また、銃器不法所持検挙者は22,973人、薬物犯罪検挙者は281,740人となっており、これら薬物・銃器の氾濫が凶悪事件多発の要因とも言われています。


とあるように、日本と比べると治安は決して良いとはいえない。まあ、普通に注意していれば、危険な目に遭うことはないとは思うけど。

私の経験でも、タイ人は結構平気で嘘をつくし、頭に血が上るとすぐに暴力事件を起こし、悪事に対するハードルも決して高くはない。自称敬虔な金目教信者ながら信心ゼロの私から見ると、普段の悪事を信心で中和して、精神的なバランスを保っているような気がする。原爆でイエローモンキーをぶっ殺して人体実験(彼らから見れば、「猿体実験」の方が正確かな)しても、日曜日に教会で懺悔すればオッケーの白人様と、ある意味では似ているのかもしれない。

治安の悪さはタイなんかとは比べ物にならず、騙される方が悪いと考え、悪が精神的な初期設定の中国人は、一体どうやって精神的なバランスを保っているんだろうね? 隣国の民を理解するのは難しい。










Michael Schenker Group  - Never Trust A Stranger


Elsewhere(南海の中国文化)

タイ南部のスラタニーにある中国寺院。



231_1024



寺院の右隣にあるのは福建會館という建物で、福建出身の華人の集会場か何かだろうか。


よほどのタイ通でもない限り、スラタニーなんて町を知っている人はいないと思うが、タイ南部のごくありふれた田舎町である。沢木耕太郎の「深夜特急」マレー半島編にも出てくるが、その沢木耕太郎自身も、数時間滞在しただけで通り過ぎたという、まあ存在感のない町だな。




大きな地図で見る


 

プーケットもそうなんだが、 このスラタニーも華人の多い町で、町の中心部にこんな立派な中国寺院が建っている。



232_1024



寺院の左隣には海南會館がある。



244_1024


 

海南會館という名前の建物は、他の町でもよく見かけたが、海南島出身者がそんなに多いとも思えないので、マレー半島の華人の集会場として一般的な名称なんだろうか?

スラタニーの町自体にはこれと言って見るものはないが、ナイトマーケット(夜市)は、他の町と比べても賑やかで、屋台の種類も多く、歩いていて楽しかった。



254_1024


 

スラタニーの夜市で中華チマキを売っていたおばさん。いい笑顔だねえ。さすがは微笑みの国というべきかな。陽気で愛想のいいタイ人も、中にはとてつもなく図々しく、コイツほんまに脳ミソあるんか?と思うような因業ババアなんかもいるんだが、このおばさんは笑顔の素敵な人だったなあ。翌朝、違う場所にある朝市を歩いていたら、このおばさんに、「お兄ちゃん、昨日のチマキおいしかった?」と声を掛けられたよ。



256_1024


 
そのおばさんが売っていた中華チマキ。1個25バーツ(約75円)で、中には豚肉や木の実が入っていて、上海あたりでよく食べたチマキと全く同じ味で、うまかったよ。タイにも、モチ米をバナナの葉でくるんだチマキのような食べ物があるが、この中華チマキは、華人が伝えた食文化なんだろうな。



257_1024

 

私がスラタニーで泊まった安宿の1階は、飲茶屋になっていて、朝から地元民で賑わっていた。宿のオーナーも、エプロンを巻いて飲茶屋で働いていたが、たぶん、宿は副業でやってるんだろうね。

タイ南部では、他の町でも飲茶屋をよく見かけたんだが、やはり、これも華人が伝えた食文化なんだろうな。ただ、タイ北部とは違い、南部では、華人と思しき人に中国語で話し掛けても、通じないことが多かった。同じタイに住む華人でも、北部と南部では、色々と事情が違うようだ。







Joey Tempest - Elsewhere