フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

ブログ作者にメール

アユタヤ

Mystery Train(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅2)

ファランポーン駅を出た列車は、スラムが広がるバンコク市内の北側をのろのろ進んでいく。中国もそうだけど、途上国の鉄道沿いにはスラムが広がっていることが多いんだろうね。



369_1024

 

三等車のトイレはこんな感じ。

 

370_1024

 

設備は古いが、きちんと清掃はされており、十分許容範囲内である。

 

371_1024

 

水もきちんと出たよ。中国の硬座のトイレのように、およそこの世のものとは思えない惨状を呈しているのでもなければ、鬼のような女列車員が合鍵を使って個室の扉を無理やり開けようとすることもない。しかし、今考えると、列車員は鬼畜だし、乗客のマナーはサル以下だし、あの国の鉄道は人間の乗り物とは思えんな。

 

372_1024

 

昼間の車内は、それほど混んでおらず、南国特有のだらけた雰囲気である。おそらく、この車輌も日本の旧国鉄かJRのお下がりだと思うが、そのあたりの事情に詳しい方がおられたら教えていただきたい。

 

373_1024

 

バンコクからアユタヤは、約70キロほどの距離だが、こんな感じの平原が広がっている。熱帯の太陽がじりじりと照り付け、熱風が吹き込んでくる。



374_1024

 

車窓から時折大きな寺院が見えるのが、いかにも仏教国のタイらしい。タイは、途上国なので、日本と比べると環境保護は進んでいないが、それでも中国では見られない青空が広がっている。

 

375_1024

 

車内は蒸し風呂みたいな暑さだが、カーブがほとんど無いため乗り心地自体は悪くない。隣席のタイおばちゃんも、おしゃべりに疲れたのか、全力で爆睡中である。



376_1024

 

約2時間後に、列車は古都アユタヤに到着した。タイの列車には車内アナウンスがなく、中国の列車のように車掌が降車駅を教えてくれるわけでもないので、ボケっとしていると降り損ねるよ。



377_1024


 

バンコクも暑かったが、アユタヤはもっと暑い。

 

440_1024

 

タイ国鉄の駅は、どこも設備は古いが、きちんと手入れされていて、不便を感じることはなかった。観光客の多い国なので、英語はどこでも通じた。ほんとうは、カタコトでもいいから、タイ語を勉強して行くべきなんだろうけどね。










アユタヤ駅は、アユタヤの町の少し東にあり、市街地に出るには運河を渡る必要がある。



378_1024


 

悪臭漂うドブ川清流を渡る豪華フェリーは、たしか5バーツ(約15円)くらいだったかな。


379_1024



上海の黄浦江や蘇州河も汚いけど、この運河もいい勝負だったな。

 

380_1024



この運河は、チャオプラヤー川に合流し、バンコクまでつながる水運の大動脈のようで、結構大きな船も通っている。



381_1024

 

 

家族旅行の西洋人は、チャリでアユタヤの街を散策しているようだ。


船を降りると、アユタヤの中心部までは歩いて15分ほどである。バックパックを背負って歩くと、たちまち汗が噴き出るが、トゥクトゥクやタクシーを使うほどの距離でもないかな。市場の近くにいたゲストハウスの客引きに連れられて、安宿に荷物を下ろすと、バンコク→アユタヤ鉄道の旅は無事終了。


鉄ちゃん、とくに海外乗り鉄の方、少しは鉄分補給のお役に立ったかな?










Bon Jovi - Mystery Train

Scatterbrain(バンコク→アユタヤ45円鉄道の旅1)

タイ南部の港町プラチュアップキリカンから乗り合いワゴン車で首都バンコクに戻る。



363_1024

 

バンコクまでは約3時間半の道程で、運賃は200バーツ(約600円)である。

 

364_1024

 

翌日の深夜に帰国の予定なので、チャイナタウンあたりに1泊してバンコクをぶらぶらしようかとも思ったが、ゴミゴミして空気の悪いバンコクに泊まるのは気が進まない。バンコク名物ド派手なピンクのタクシーでファランポーン駅(バンコク中央駅)に出て、世界遺産のアユタヤに行ってみることにした。



365_1024

 

切符売り場で5分後に出発する列車のチケットを渡され、飛び乗ったのが11時40分発スリン行き普通列車。運賃は、格安の15バーツ(約45円)である。物価の安いタイとはいえ、これでは、さすがに採算は取れないだろう。聞くところによると、タイ国民は、一部の3等車には無料で乗車できるらしいが、この国の仕組みは、いまいちよく分からない。

定期的にクーデターが起きてガラガラポンをしているし、微笑みの国とは言いながら、タイ人はかなり腹黒くて喧嘩っ早いし、タイはタイでつかみ所のない国である。まあ、中国ほど殺伐としていないし、旅するには楽しい国であることは間違いないけど、タイ語のできない外国人が一歩踏み込むのは難しいね。数多くの観光客が訪れるものの、実は排他的な土地柄の京都と似ているのかな。

人間不信&拝金教の中国なんかは、基本が悪で、その実やっぱり悪なので、ある意味では分かりやすいよね。

 


366_1024  


 

3等車の車内には、当然のことながら冷房などあるはずもなく、暑い。



367_1024

 

ファランポーン駅で昼飯を食い損ねたので、そのへんのババアが勝手に乗り込んで販売している駅弁を買う。20バーツ(約60円)くらいだったかな。味はそれなりで、やたら辛かった。


368_1024


 

タイの駅には改札がなく、誰でも出入り自由なので、ホームではこんなじいさんや野良犬がウロチョロしている。南国の強烈な太陽が容赦なく照りつけている。暑い。この国の人達って、生まれてから死ぬまで、暑いしか選択肢がないんだろうね。最近は暑いのはそれほど嫌いではないし、普段は意識することもないけど、四季がある国に住んでいるってのは、実はとても恵まれているのかもしれない。











Jeff Beck - Scatterbrain


 

Never Trust A Stranger(仏教国の朝)

中国語に一人不进庙,二人不看井という俗话(辞書に載るような立派な成語ではなく、生活に根ざしたもっと俗っぽい言い回し)がある。1人で寺に入るな、2人で井戸を覗くな、という意味で、何通りかの解釈があるようだが、人間不信の中国では、お坊さんが信頼の対象ではないのは共通するようだ。

この点、仏教国のタイでは、若干事情が異なるらしい。



022_1024


FOR MONK ONLY とあるように、大きなバスターミナルには僧侶専用の待合所がある(@チェンマイ第2バスターミナル)。中国では、僧侶は優先されないが、駅の窓口なんかでは「军人优先(軍人優先)」の表記をよく見かける。人民はそんな事を全く気にせずに割り込んでいるけど。



655_1024

 

早朝のタイでよく見かける托鉢風景。


737_1024


チェンマイ市内の朝市にて。


261_1024


南部の港町スラタニーの朝市にて。


408_1024


やはり、お坊さんも、お腹は空くようで、屋台でおかゆを食べていたりする。世界遺産の古都アユタヤにて。

見ての通り、タイでは僧侶の地位は高く、タイ人も信心深いようだ。ただ、タイ人が信心深いからといって、タイ人が清く正しく美しいタカラヅカのような存在かというと、決してそうではない。実は、タカラヅカの内情は、清く正しく美しくなんてとても言えたものじゃないらしいけど、人一倍プライドの高い女性が集まる競争社会だから、ドロドロしていていない方がおかしいわな。

タイ人は、普段は穏やかだが、外務省のお役人の作文にも

 

第3 タイ国での犯罪発生状況
1.タイ国の犯罪発生状況
タイ国家警察の「タイ国犯罪統計2010年」によると、殺人事件(未遂含む)の発生件数が8,932件、強盗(傷害を伴う窃盗含む)の発生件数が758件、強姦事件の発生件数が4,255件となっており、日本に比べ数倍から10数倍の発生率です。

また、銃器不法所持検挙者は22,973人、薬物犯罪検挙者は281,740人となっており、これら薬物・銃器の氾濫が凶悪事件多発の要因とも言われています。


とあるように、日本と比べると治安は決して良いとはいえない。まあ、普通に注意していれば、危険な目に遭うことはないとは思うけど。

私の経験でも、タイ人は結構平気で嘘をつくし、頭に血が上るとすぐに暴力事件を起こし、悪事に対するハードルも決して高くはない。自称敬虔な金目教信者ながら信心ゼロの私から見ると、普段の悪事を信心で中和して、精神的なバランスを保っているような気がする。原爆でイエローモンキーをぶっ殺して人体実験(彼らから見れば、「猿体実験」の方が正確かな)しても、日曜日に教会で懺悔すればオッケーの白人様と、ある意味では似ているのかもしれない。

治安の悪さはタイなんかとは比べ物にならず、騙される方が悪いと考え、悪が精神的な初期設定の中国人は、一体どうやって精神的なバランスを保っているんだろうね? 隣国の民を理解するのは難しい。










Michael Schenker Group  - Never Trust A Stranger